369円也



     ヤフオクもメルカリも面倒そうなので

     買い取ってくれる本屋に持って行った。

     文庫本3冊、〆て369円也。

     エドガー賞受賞のアメリカミステリー上下2冊。

     「熊と踊れ」の作者の新作1冊。

     どちらも内容が重かった。

     エドガー賞の方は、湊かなえがノミネートされて

     逃したので、受賞作はどんなかと興味があった。

     湊かなえは、これでもかと人間の暗部をさらけて、好きでない。

     ノミネートされた作品「贖罪」も悲しくなった。



     文庫本だけど武田百合子の「富士日記」は売ったりしない。


P1150291



     その時の寿司ランチ。


P1150293


     松茸の茶碗蒸しとデザートが付いて1600円也。


     
     高いんだか、安いんだか、基準は自分ね。

     気に入らない本が手元から消えて、スッキリした。




           










     


     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

武田百合子さん

私、勘違いしていました。

大いなる勘違いでした。
武田百合子著 「富士日記」
この文字を雑誌などで見かけて、なかなかいいと紹介されていても
長年にわたり、読む気になれなかった。
最近、今年になって 単行本未収録エッセイ集「あの頃」が
出版されて、気が付いた。
宮本百合子と勘違いしていた。

いくらいいと言われても、宮本百合子なら思想的に合わないので読まなかった。

さらに武田百合子の夫である武田泰淳を「肉体の門」の著者、田村泰次郎と

勘違いしていた。

武田夫妻をそれぞれに違う人だと長年思い込んでいた。
お恥ずかしい限り。
それに気が付いたから、読んでみることにした。



P1140435


うへ~字が細かい。

P1140445



古い本で、図書館の本館から取り寄せてもらった。



取りあえず新著の「あの頃」から読む。


P1140439




こちらも細かい字。
ここ2,3日、熱中症のあと、体調がいいんだか悪いんだか・・

ベッド上でこの本を読んでいると、体調はたぶん悪いんだけど

頭は楽しい気分になっている。とても嬉しい気分。

楽しいことが書いてあるのじゃないけど、懐かしい同じ目線。

なんて素敵なの。本人の写真が載っているけど、蠱惑的。
1993年に67歳で亡くなっている。

 
 
 
 スローライフ - ライフスタイルブログ村 
       

 
 島暮らし - ライフスタイルブログ村






| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙ウルウル

暑いし眼は良く見えないし
じっくり読む本は無理です。

P1140378




掟やぶり第二弾。また買っちゃった。
簡単に読める本が欲しかったし、なによりこのイラスト。
私が溺愛するグレじゃないの。
小説の中ではアルフィー。



P1130817


イギリスのハートフル小説。
ほのぼのとした画面が浮かんでくるようだった。

そして島猫友(たくさんいる)から借りた本。

P1140417
8コマ漫画なのだけど、実に深い。ウルウルしてばかり。

「手塚治虫文化賞」受賞作品。

こちらもグレー猫「遠藤平蔵」が主人公。

P1140418

温かい心の持ち主なんだけど・・お顔がね・・自分で自覚している。
だから、笑う時は「ニッコリ」って声に出すのよ、猫語で。


Img_6493

実はね、我が家のグレは前歯がないの。
乳歯は少しあったのだけれど、永久歯は生えてこなかった。
外猫の子だから、お腹にいる時の栄養状態がよくなかったのだと思う。
だから、ニッコリすると不気味なの。でも私はそれさえ可愛いの。




成育不良と言われたトラは、キレイに傷も治りました。
やっぱり食べると痛かったのか、今は1キロ増えました。
神経質にならずに自然に暮らしたい。


Img_6569

保護色(柄)に抱かれて。 首輪が大きすぎるのがわかります。
 
 
 
 スローライフ - ライフスタイルブログ村 
       

 
 島暮らし - ライフスタイルブログ村
 


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しい本


実は、
今月初めに定期健診でした。

今まで六カ月に1度でしたが、今回クリアしたら

一年に1度でいいことになっていた。

マンモもエコーもOKだったのに・・血液検査で引っかかった。

中性脂肪値がだいぶオーバー。

ともかく中性脂肪のせいで、また六か月後に行かなければならなくなった。


中性脂肪が多いって、デブってこと?

食べ過ぎってこと?



そこで、アルコールを半分にしました。

飲みながらダラダラ食べないので、食べる量が減った。

「食べないゾ」と意識するようになった。つらいけど・・


そして・・最近図書館で借りた本3冊。
P1130851
なんか全部、食べることに関している。
いじらしいね私・・じゃなくて、意地汚いね私。
現代人は飽食だとは思うんだけどね、解っているんだけどね。


2601_2



島暮らし - ライフスタイルブログ村

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

どうしたらいいの?

連城三紀彦。


素敵だったなぁ~ 小説もだけれど、作家本人の風貌が・・

3年くらい前に亡くなった時は、同年代だったしショックだったわ。

 ミステリー作家とか言われるけど、生涯独身、中年になってからの出家。

ご本人の方がミステリーに満ちていた。(出家は実家がお寺だったから?)

連城三紀彦が書くミステリーは、人間の心の闇でしょう。

深い心の闇、軽い闇、それらが織りなす物語。

人間なんて心の奥の奥は何考えているか解らないよってメッセージ。




P1130811




図書館のロビーで古くなった本、雑誌を自由に持ち帰ってOKだった。

この2冊は読んだことなかったので貰って来た。


P1130813



読んでしまったけれど、返すわけにはいかない。

本はもう増やすまいと図書館で借りているのに。

それに本大好き(モノが捨てられない)人間の私としては

とても捨てられない。

どーしたらいいの?

連城三紀彦の小説でマイNO1は 「私の叔父さん」

また読みたいわ。泣けるのよ。



島暮らし - ライフスタイルブログ村



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の読書事情

もちろん図書館から借りたのだから、予約するのが遅かった。
次の直木賞が決まってから、前回受賞作品を読んだ。
東山彰良 「流」
Img_7029

以前、台湾に行きたい行きたいと言っていた時、「なぜ台湾なの?」って

きょうちゃんに聞かれて、明確に答えられなかった私。

それから台湾に対して忸怩たる思いを持っていた。

「流」を読んでみて、人間として、アジア人として、中国人として

過去を背負いながらも、人間くさく生きている、その空気を醸し出す
土壌として、私は台湾に惹かれるのだとおもった。


読むのは中々大変だった。
大力水手・・・・ポパイ

幹・・・・くそったれ

他・女偏に馬・的・・・・・この野郎

海灘男玄・・・・ビーチボーイズ

老鷹○○・・・・イーグルス
漢字に小さなフリガナがふってあるけど、見えないので
いちいち虫眼鏡で見る。

おまけに記憶力が悪いのか(悪い)登場人物の名前が憶えられない。

主人公「秋生」チョウシェンはシュウセンだっけ・・エエイ、もうシュウセイでいくわ。

なんて無茶苦茶な読者でした。

だから、時間が掛かったけど、読んで良かった。
最近は眼がさらに悪く、読むことがつらい。

だから、読み始めて本当に面白いと思わないと、続かない。


老後の楽しみ、編み物、読書、両方とも目が良くないとね・・

楽しみがなくなってしまう。


Img_7032
今日は楽しい雛祭り~
今から「すし○郎」で簡単ちらし寿司を作ります。

                   スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村

| | トラックバック (0)