« 当たり小説2冊 | トップページ | トントンお楽しみ仕事だから »

笑顔でいてね

   長男は24歳で結婚した。
   そして、4年後には離婚した。
   その時、3歳と1歳の子供たちがいた。
   女の子と男の子。
   息子が引き取り、私が面倒を見るということになった。
   私、45歳の時。若かったからねぇ。
   保育園を探したりしていただけど
   お嫁さんが取り返しに来たり、子供の争奪戦だった。
 
   結局、お嫁さんが頑として渡さなかった。
   今でも私はお嫁さんをあっぱれだと思う。
   息子はずっと腹を立てて、それからしばらく落ち込んでいたけど。
 
   3歳だった女の子とはその後、17歳になるまで
   私は3回しか会ってない。
   父親である息子はもっと会っていたけど。
   私にとっては初孫だし、悲しくなるので考えないようにしていた。
   17歳になってからは直接メールや電話したり
   年に一度は会えるようになっている。
   ブランクがあったけど、仲良くなっていった。


   息子は子供たちが20歳になるまできちんと養育費を送り
   20歳の時は本人たちにまとまった金額を渡した。


   その初孫娘に恋人が出来た。
   東京行はその彼に会うのが大きな目的だった。
   約束の前日、電話で最終確認の時、彼に電話を代わった。
   「おばあちゃんは.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。ですね」
   「おばあちゃんは☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;ですか?」
   やたらおばあちゃんと言うではないか。
   「あのねぇ、私まだイケイケですからね」
   「はい、イケイケおばあちゃんですね」だって。
   そして、翌日会った。



Photo_2


 
   とってもいい人だった。

   「Mちゃん、こんなにいい人、喧嘩しても先にごめんねって言うんだよ」

   にっこり聞いている二人。

   「至らない点も多いかと思うけど、よろしくね」
   「何を言ってるんですか、とてもいい子です」だって。

   子供の頃から苦労が多かったはず。
   祖母として、してあげられなかったことが多すぎて、今でも泣けてくる。

   どうか幸せになって、どうか笑顔を見せていてと願わずにはいられない。

   その後、二人は一緒に暮らし始めた。



          





|

« 当たり小説2冊 | トップページ | トントンお楽しみ仕事だから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔でいてね:

« 当たり小説2冊 | トップページ | トントンお楽しみ仕事だから »