« 跳べっ!・・・跳んだっ! | トップページ | 鯵の干物 »

アサリの種子撒き

 

     昨日はアサリの種子撒きだった。

 

     毎年の事なので慣れたが、最初の年(8年前)は
     びっくりした。


     上下薄手の合羽に長靴。
     ちり取りを持ってこいと言うじゃない。


     海の掃除をするのじゃあるまいに・・  意味わかんな~い。

     ベカに種子アサリを積んで、船頭(漁師)1人
     女3人が乗り込み、ちり取りで種子を漁場近くに撒く。


     種子アサリは砂利みたいに細かい。
     それを1トン位積むので、ちり取りですくい撒くのは
     手間がかかるが、理にかなっている。
     まんべんなく撒けるし、種子を潰さずにすむ。
     しかし、女3人で船上から1トン近く撒くのはけっこう大変。


     「お~い!撒け撒け、お前の根場だろ」


     私が毎年アサリを搔く場所で、船頭漁師が私に声を掛ける。


     来春、大きくなって会おうねぇ~と(心で)言いながら
     私の根場沖(通称階段下)では必死で撒く。


     時間にしたら1時間にもならないが
     船から上がるとクラクラする。


     しばらく座っていると、他のベカも戻って来る。


     80代のOBABAたちが、ひょいと船から上がって
     「お疲れ~」って歩いたり、バイクに乗って帰って行く。
     私はゆっくりゆっくり歩いて帰る。


     この種子撒きは、アサリを獲る人は全員参加しないといけない。
 
 
 

 

957

 


     夫を含め男たちは海上で大船から種子が入った

     20キロの網袋をベカに投げ込む役割だ。

     何故か若衆と言う。

     夫は朝、腰にサポーターを巻いて行った。



     東のHちゃん(漁師妻)に西は誰が若衆をやる?

     と聞かれて答えたら、大笑いされたと夫が言っていたっけ。


     大笑いされるよね、西は爺衆だもの。


     こうして島民あげてアサリ漁に備える。


     赤ちゃんアサリよ、大きくなあ~れ。





          





     

|

« 跳べっ!・・・跳んだっ! | トップページ | 鯵の干物 »

佐久島の海産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208885/74379937

この記事へのトラックバック一覧です: アサリの種子撒き:

« 跳べっ!・・・跳んだっ! | トップページ | 鯵の干物 »