« 「ねことじいちゃん」ポスター | トップページ | 跳べっ!・・・跳んだっ! »

10年経っての天井張り


     山小屋風と言えば聞こえはいいんですけどね。

     実際にも、私は好きでした。

     見ていて飽きない。

     自分の住んでいる屋根裏見ながらお酒を飲むのが好き。

     屋根裏がつまみ。


024


     しか~し、暑い。ともかく暑い。

     屋根材と木の間には断熱材をいれてあるのに。

     個室2部屋以外は全部つながっている。

     ここ数年はエアコンが効かない。


     あまりに暑いこの夏に辟易して・・



P1150193




P1150198



P1150203


     元の木が見えなくなるのが残念だが。

     10年経つと木の色も艶もいい感じになっているのね。


     

P1150206



     リビング部分が半分終わった所。


     5日間かかった。

     終わる前日より夫婦喧嘩をしていたので

     夫は「終わった、終わった~」とも言わず

     私は視界の大部分を占めるのに気が付かないフリをした。

     夫婦喧嘩の原因は実にくだらないこと・・

     ・・そうでもないわ・・いつも原因は同じ・・根本解決をしないと・・


     新しく張った天井も月日(10年くらい?)経つと

     いい色つやになるでしょう。

     でも新しいのも、なかなか新鮮だ。


     見飽きた顔でもプチ整形でもしたら新鮮に映るかも?




          

|

« 「ねことじいちゃん」ポスター | トップページ | 跳べっ!・・・跳んだっ! »

佐久島の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年経っての天井張り:

« 「ねことじいちゃん」ポスター | トップページ | 跳べっ!・・・跳んだっ! »