« オー!デカイ! | トップページ | 今年初西瓜 »

フジコ・ヘミングの時間

     クラッシック音楽は好きで聴くけど
     実のところは、よくわからなくって
     頭の中が音によって満たされ、イメージが拡がる。
     理解と言うより、つかの間のインナートリップの
     バックグラウンド程度。


     そして、実のところフジコ・ヘミングは好きでない。
     ただちょっと、意地悪そうで皮肉屋さんっぽく感じるからだけなんだけど。
 
     でも嫌いではないの。
     カンパネラの音が違うと評判になってもねぇ・・
     クラッシックに造詣がないので・・
     でも、気になるの。
 
     だから、「フジコ・ヘミングの時間」 もし時間が取れたら
     観に行こう・・位の気持ちだった。





     孫っち二人(7歳・5歳)との約束通り
     イトー○ーカ堂木場店フードコートで
     ドーナツを食べ、○ックの景品をマジ、取りっこした。
     とっても可愛い卵の人形。
     7歳の孫の景品の玩具を欲しがる私・・


 
     何している・・私・・  
     「○リちゃん、私やっぱり映画、観に行ってくる」
     やさしい〇リちゃんはその場で
     一番近道の行き方を調べてくれた。


     東京滞在最終日、銀座シネスイッチで
     最終上演時間の「フジコ・ヘミングの時間」を観た。





P1150031



     囚われない生活・・でもこだわった生活。




       

P1150034


 

     

     
     「音には絵みたいに色があるのよ。
 
     カンパネラは精神が出る楽曲なの。
     だからその時々で音が違う」



P1150036

 
     意地悪でも皮肉屋でもなかったわ。
     人生は自分を好きになる旅。
     彼女が好きなものを身の回りに置いたり
     身に着けたり・・が今のフジコ・ヘミングなのだわ。

     彼女は才能があるからってことはもちろんだけど

     まるっきり才能のない私でも
     それなりに生きていく勇気をもらえた。


     
     監督・撮影・構成の小松荘一良が良い。
 
     機会があればまた観たい。
     フジコ・ヘミングのCDを買おうと思っている。




         

 

|

« オー!デカイ! | トップページ | 今年初西瓜 »

本・映画・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジコ・ヘミングの時間:

« オー!デカイ! | トップページ | 今年初西瓜 »