« やっぱりケチ | トップページ | 帰ってこなかった »

我が家の春の寿司


     ひな祭りです。

     今年のアサリ漁の口開き(初)日です。

     せっかくのひな祭り、準備はしてなかったけど
     あるもので春ちらし寿司をつくった。

     こういう時、ちょっと買い物に、って訳にはいかない島暮らし。

     この前は團子の入退院で、ゆっくり食料品を買えなかった。


     

      P1140740


     買い置き「すし〇郎」を炊き立てご飯にまぜて

     錦糸卵をのせて、蒲鉾、菜の花(畑の小松菜の薹)

     真ん中は紅ショウガが今年はもう終わったので

     ショウガの甘酢づけをきざんだ。

     まぁまぁシンプルで大人のちらし寿司が出来たじゃないの。




     

      P1140712


     

      P1140713


     吉良町の「糟谷邸」のおひな様。


     表彰式の時、隣りなので見学した。

     受賞者はタダ!だったし。

     一人だったので怖いくらいだった。広くて暗くて。

     でも立派な邸宅だった。

     吉良は田舎なのに、こんな豪商がいたなんて・・

、    三河木綿の総元締めだったらしい。 




      

 

     

 

 

     スローライフ - ライフスタイルブログ村 

 

 

     島暮らし - ライフスタイルブログ村

|

« やっぱりケチ | トップページ | 帰ってこなかった »

佐久島の日々」カテゴリの記事

コメント

amiamiさん

雛の節句がアサリの口開き日なのですね。
当然でしょうが、島の暮らしは本当に自然に添って営まれているのですね。
人間本来の生活。。。なのでしょうね。 現代人が忘れかけている生活。。。

投稿: 。。。豆たぬき | 2018年3月 4日 (日) 11時40分

。。。豆たぬきさん

秋に小さな神社のお祭りがあるのですが
毎年日にちが違います。
中秋の名月の日なのです。
島ではそのお祭りを「お名月さん」と呼んでます。
死についても自然に帰るという意識が強いです。

投稿: amiami | 2018年3月 4日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の春の寿司:

« やっぱりケチ | トップページ | 帰ってこなかった »