« 低気圧な日々 | トップページ | にゃんシーサー »

とびっきりの笑顔で


Dsc_0245



6月に亡くなった書道の先生の作品が、佐久島に寄贈されました。


生前、そんな話を私たちとしてましたが、今思うと、もう余命をご存知で

佐久島に作品(自分)を残したかったのかもしれません。

私が見ていたところでは、先生は佐久島に教えに来るのを楽しんでいた

ように思えました。船の揺れは最後まで苦手のようでしたが・・


亡くなった時はまだ表具屋さんにありました。

表装が出来上がり、ご遺族が島まで届けてくださいました。

まだ箱に入れられたままで、なんという字が出てくるか、誰も知りません。

ワクワク、ドキドキで開けてみたのが、上の額。

今度は誰も読めません・・

Dsc_0243



Dsc_0248




「打 掌 笑」



歩き始めた子を、手をたたいて招き呼ぶ時の笑顔。

この時は誰しも皆、とびっきりの笑顔になる。

というような、禅の言葉ではないかと、調べてみて思うのです。

いつも笑っていなさい・・と大きな意味があるようです。






        
島暮らし - ライフスタイルブログ村
        
 

|

« 低気圧な日々 | トップページ | にゃんシーサー »

佐久島の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とびっきりの笑顔で:

« 低気圧な日々 | トップページ | にゃんシーサー »