« 出会いがあったのよ | トップページ | 何故か砂利道の記憶 »

悲しみと怒り

ちょっとオーバーなタイトルでございますが・・
でもそんな気持ちだった。

もう、今は治まってます。穏やかなamiamiでございます。

少し前の土曜日のこと、猫三兄弟の末っ子グレが玄関の三和土で
招き猫のように前右足をあげていた。
呼んでも上がって来ず、抱いてソファに乗せると前右足が濡れていた。
ティッシュで拭こうとしたら、飛び上がって嫌がった。
そのまま気にせずにいたら、ソファーカバーが丸く濡れて浸みていた。
血はまったく出ていません。
しばらくして歩くと、前右足はまったく着けず、三本足で歩いた。
ムカデか蛇に噛まれたのか・・ どちらも島には多い。
食欲もあるし、様子見をしてたが痛みは治まらないよう。
翌日曜日は、観光客が多く、船は満杯状態。
 
月曜日に病院に連れて行ったら・・・
一目見た先生が・・
「これはひどいな・・」
「蛇とかムカデにかまれたのでは・・? 佐久島は多いので・・」
「へび、ムカデに噛まれたらもっと腫れます。バイクか自転車にひかれたのでは・・?」
 
!!!私は獣医師に最近、佐久島は貸自転車が多く、土日は
自転車天国になっている、とは伝えてません。
狭い狭い路地を、傍若無人に観光客の自転車が走り回ります。
大きい声で話しながら・・(よそ見運転)
さすがのおっとり島民も、眉をひそめるような風景です。
危ないな、って思っていたけど・・
でも、その場を目撃したわけではないので、断定はできない。



P1130647_2
 


P1130644_2
外傷はないので、見た目はひどく見えない。
痛み止めの注射を1本打つ。
後は10日間抗生物質の薬を飲み、経過観察。
もし、足先が壊死したら・・・切断!とのことでびっくりした。

帰ってきたら、悲しさと怒りがこみあげてきた。
当のグレは3本足でカックンカックンと器用に歩き、食欲も旺盛。
5日位経ち、右足をブルブル振っていたら皮がベロンと剥がれ、また皮膚に戻った。
 

しばらくして、またさらに強く振ったら・・なんと皮が飛んだ!

飛んだ皮は、毛が付いたままでかなり厚かった。
足の方はえぐれたようになっていた。

P1130657
その後、薬も飲み終わり、4本足で歩くようになり、切断は免れた。

今も時々ジクジクしているが、快方にむかっている。




P1130659

断定は出来ない・・けど・・貸自転車で島内を回る人、マナーは守ってね。


駐輪場に自転車停まっているの観たことないな。



P1130661

自転車がいないと、こんなに静か。
気持ちが収まるまで書きませんでした。
でも、おさぼり心ムクムクだったのも確か。
久しぶりに書いたら、途中PCがフリーズした。
 



島暮らし - ライフスタイルブログ村

|

« 出会いがあったのよ | トップページ | 何故か砂利道の記憶 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

 グレくん、お大事に。

投稿: 初恋のメロディ | 2016年6月 8日 (水) 11時38分

ブログがアップされないので???若年性鬱病かと心配しておりました。

う~ん、こりゃ滅入るぜー。
が、結果、半分野生の回復力に乾杯ですね。

これにならい私たちも復活したいものです。

投稿: 金太郎おば | 2016年6月 8日 (水) 17時10分

金太郎おばさま
まったく、グレは世話がかかる子です。
グレという名前が良くないと皆に言われます。
夫はヨイに改名って言ってます。
私が命名したのですが、色がグレーというだけでなく
ジュリエット・グレコからとったのです。
目が・・目力というか、目が不気味で可愛い。

8日間失踪も土曜日から、今回も土曜日。
学習したのか、最近は遠くに行かないようです。

投稿: amiami | 2016年6月 8日 (水) 22時26分

初恋のメロディさん
猫の自己治癒力は強いと言いますが
まだ傷は目立ちますが、ほぼ治ったようです。

当然、痛いのでしょうが泣き言いわず
健気でした。

投稿: amiami | 2016年6月 8日 (水) 22時31分

グレちゃん回復しましたか?
観光地に住んでいると色々と気になるのが観光客のマナーの悪さですよね。
これ以上佐久島が有名にならないように祈ります。
白川郷の方々もフラストレーション感じながら
生活されておられるのでしょうね。

投稿: kiki | 2016年6月16日 (木) 00時51分

kikiさん
本当にここ数年で佐久島はメジャーになりました。
さびれているから、気に入っていたのに・・
反面教師で、私も旅したら気を付けないと・・
大声のおしゃべりおばさん、になっているかもしれないので。

グレは傷口はキレイになりました。
ご心配ありがとうございました。

投稿: amiami | 2016年6月16日 (木) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみと怒り:

« 出会いがあったのよ | トップページ | 何故か砂利道の記憶 »