« 月島散歩&もんじゃ焼き | トップページ | 「三人三様展」 »

書の師匠

今年は書道を始めて10年目の節目です。

なんとかずっと、続けたいと思っていたのに・・


ここ2~3年体調がすぐれないのは見ていて分かっていたけど・・

気丈な先生は一言もおっしゃらず、だから我々も聞けず・・

だから、突然じゃないけれど、突然に・・

 

先生が亡くなってしまった。


まだ56歳。

亡くなる一週間前、東京にいる私にメールをくれたのが最後になってしまった。

先生の「字」が好きだったから、これからどうしょうかと途方にくれる。



Dsc_0020


とてもショックが大きいけど、少し落ち着いたら、また書は続けたいと思う。



             
スローライフ - ライフスタイルブログ村
             島暮らし - ライフスタイルブログ村

|

« 月島散歩&もんじゃ焼き | トップページ | 「三人三様展」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、初めまして。
書道をしていた叔父は先日亡くなりました。私は渡辺の姪にあたります。
叔父の事で、佐久島に作品を寄贈する話があったことを最近知り、色々探していてたどり着いたこの記事を読ませていただきました。
叔父は気丈で、体調がすぐれない時も、私達家族に「大丈夫大丈夫、自分でできる」、と、最後までこんな感じでした。私は結婚してから、たまたま叔父の自宅の近くに住んでいたこともあり、もっとなにかしてあげられたのではないかと、悔やむ日が続いています。
叔父の字を、生き方を、好いてくださりありがとうございました。
この記事が読めて良かったです。

投稿: めいっこ | 2016年6月28日 (火) 22時07分

めいっこさん
コメントありがとうございます。

私が先生の死を知ったのは、葬儀当日の9時過ぎです。
佐久島からは直近の船でも葬儀に間に合うか、ギリギリです。
でも、どうしてもお別れがしたくって、船に乗りました。

もう終わりに近い頃、葬儀場に着きました。
なんとかお別れが出来ましたが、実感が湧きませんでした。

近いうちにどこかで、先生の作品を発表していただけたら、いいなと思ってます。

投稿: amiami | 2016年6月28日 (火) 22時46分

葬儀に来てくださったのですね。
本当にありがとうございました。
今は家族で叔父の家の整理を少しずつ始めているのですが、時たま叔父の生活の空気をまとったものが出てくると、胸がつまります。
私は叔父と同じ町内に住んでいますし、父母もしばらくは叔父の自宅に通う日が多いと思います。
またご縁がありましたらいつでもお声をかけてください。

叔父の作品は一色中学校に寄贈の話があります。
また、叔父と関わりのある先生方が動いてくださり、夏の総合書展に出品予定です。
残された他の作品も(量が膨大です)今後を大切に考えねばなりません。
多くの人の目に触れられるような形を探していきたいです。

たくさんの方に慕われて、多くの作品を残し、書家としての人生を全うした叔父を心より尊敬しています。

投稿: めいっこ | 2016年6月29日 (水) 00時24分

 めいっこさんとamiamiさんのコメントに泣かされました。
 インターネットの時代、こういう「出会い」もあるんですね。
 私もずいぶんインターネットで昔の同級生などを捜しあてましたが…。

投稿: 初恋のメロディ | 2016年6月29日 (水) 15時43分

めいっこさん
残された親族は、悲しみのうちにも、やらなければならない事が
たくさんあり、大変な日々と思います。
先生を偲ぶ会を、書道講座の生徒たちで開くことができればと・・考えています。

投稿: amiami | 2016年6月30日 (木) 14時35分

初恋のメロディさん
ネットの功罪はあれこれあれど、今回の
めいっこさんとのつながりは、何かこころを感じます。

投稿: amiami | 2016年6月30日 (木) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書の師匠:

« 月島散歩&もんじゃ焼き | トップページ | 「三人三様展」 »