« 焼酎一升の労働 | トップページ | 最近の読書事情 »

最後のホウボウ

ホウボウが、とことこ歩いて来ました。

魚が歩くわけないよね。

書き直し・・エミちゃんが、バケツにホウボウを入れて持ってきてくれました。

「フグ漁もこれで終わりだから、今年最後のホウボウだよ」

フグ漁の時、網にホウボウが一緒に掛かってくる。

そんな数じゃないし、フグの方が断然、値がいいからホウボウは市場に出さない。

それをおすそ分けしていただく。


Img_7024

いい顔してるね。このホウボウ君、この時まだ生きていた
後ろのタマネギ は中玉位だから、大きいホウボウです。


まずお刺身で、さらに翌日、バーナーでさっと炙って炙りホウボウ。
これはポン酢でいただいた。

骨付きは野菜と共にトマト煮に。ポトフみたいにコンソメにすることもある。

あとあら汁にもした。刺身用を一切れづつ入れて。

ホウボウは煮込むと、とてもいい出汁がでる。


命をいただいて生きている実感。ありがとう。ごちそうさま。
   スローライフ - ライフスタイルブログ村

 
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村

 

|

« 焼酎一升の労働 | トップページ | 最近の読書事情 »

佐久島の海産物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のホウボウ:

« 焼酎一升の労働 | トップページ | 最近の読書事情 »