« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の投稿

別れの季節

3月末、年度末です。

卒業あり、異動ありで別れも多いですね。

若いうちは、別れの後には出会いがあるけど、もうこの歳になると

別れは別れよ。出会いは少なくなるわね。


と言うことで、佐久島診療所のF医師が異動となりお別れです。

Img_7069
昨日の開発センターでの歓送迎会。
4月から着任される新しい医師の歓迎会も兼ねている。
 
今度は若い女医さん。
Img_7071
 

たまたま、市長も他用で来島中だったので出席。
あらら・・紹介しますわ、顔面ブルーマークは私の夫Jですわ。
 
主役は白衣のイケメンF医師です。夫は司会をしましたの。

そして今日。


島での恒例のお見送り。

Img_7075
 


私、ピンクと赤のテープ持ってます。左手でカメラ持ってます。

Img_7078

あっ、気が付いてくれましたね。


Img_7079

 


今日は観光客も多く、みんなビックリしてたかも。



島ではこうやってお見送りをします。




Img_7081
 


なんかね、テープが色とりどりで楽しいような・・でも、悲しいような・・

船でのお別れは切ないですね。



Img_7084

 

まだまだ若い医師でした。どうか、人間味あふれる医師になってほしいと思います。




昨日の歓送迎会で「先生、会いに行くからね。そしたらデートしましょ」

「わぁ、押しまくられそうで怖いです」って言われちゃいました。

今度は大都市の大病院に勤務されます。


                 
 スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                    島暮らし - ライフスタイルブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食い料アサリ

四日間のアサリ漁が終わり、ヤレヤレです。

アサリ漁は汐の干満に合わせて2~3時間です。
今回は午前11時くらいから始まりました。

合図で一斉に始まり、合図でやめます。


大と中を選別して、小は出荷しません。

小より小さいのは海に戻します。

小は自宅用。それを夫は「食い料」と言います。

島の人も言うかもしれません。

三河弁なのでしょうか?
「食い料あさり」で私は出汁をとり、ペットボトルに入れ冷凍しておきます。

身はせっせとむいて、色々な料理に使います。



P1130553


これが小あさり。


P1130566
 


これは中あさり。


大は全て出荷してしまうので、食べたことがありません。


今回の汐ではキロ1200円から始まり、最終日は1700円でした。

食欲より金欲が勝つのです。
次回のアサリ漁は4月第2週です。

毎年この汐が最高値をつけます。ちなみに去年はキロ1900円。

過去には2000円超えたこともあります。

(やや自慢気に)佐久島アサリは三河湾でも1,2のブランド品なのです。


面白くて楽しい。

だから、島では身体が動く限り、腰が曲がってようがアサリに行きます。

アサリ漁は、佐久島島民の春のお祭りとも言う。
               スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                島暮らし - ライフスタイルブログ村


| | コメント (4) | トラックバック (0)

テッサのはたした

アサリ漁の最中です。

かなりバテています。
 
骨折した指が腫れてしまいました。グーができません。



アサリは禁漁区以外はどこで、かいて(掘る)もいいのですが

皆さん根場(ねば)があります。いつもやる場所と言う意味ですかね。

それでもあさりを求めて、あちこち彷徨う訳です。

そして、場所も細かく名前がありますが、私なんてとても覚えきれません。

たてば、ねっそ、うら、おばま、おわき、もとで、しろいし、とがさき、とがせetc・・

で、我が家の根場は「テッサのはたした」

で、どんな所かと言うと・・

P1130546
昔、鉄太郎とか鉄之助とかてっさんの畑の下あたり・・と言う意味だと思う。

岩ゴロゴロです。

P1130547
これでも他の場所より初心者、高齢者向き。

P1130548
ここは、石の間の砂が柔らかいと言われている。


左手で石や岩をどかしながらかきます。骨折指が腫れるわけです。
P1130549
この一本カギでかきます。
この籠一杯で7~8キロくらいです。

私は一杯だと重いので、6~7分目で網に移します。
島の人たちは、籠一杯を網に移し、最後はその網(8キロ位)を

年寄りでも、3,4袋担いで浜から上がります。

私は6~7分目だから一袋5キロ位を、今日は2袋でした。


ヨタヨタ運びます。みんな優しいから「よう頑張ったね」って言ってくれます。

                  スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                   島暮らし - ライフスタイルブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だから頑張る

前回のアサリ漁、今年初めての口開き。

三日間のうち、最初の一日しかやらなかった。

そう、奈良にお水取りを観に行ったから。

言い訳ではないけど(そうだけど)、お水取りは日にちが決まっているし

同行友人(現役)の休みとの調整、何より夫が高級旅館におりだったし・・

夫の旅行を優先にしたのよ。

アサリ漁の日程はかなり直前でないと発表されないので、結局重なってしまった。


奈良から帰ってきても、もちろん文句なんか言われなかったけど、
アサリを採ったあとの選別作業、集荷作業は一人だと大変だ。

私たち夫婦は漁師じゃないし、移住して来たのも歳とってからだし・・

身体に作業が浸みついていない。


おまけに犬1猫3外猫4の世話もあるし、自分のごはんも作らなくっちゃならないし・・


私のありがたみが解ったか!


まあ、夫婦元気なうちは協力しないとね。


明日から今年二汐目のアサリ漁が4日間ある。

そんなわけで、頑張ります。




P1130532


これはお水取りの季節(期間?)しか作られないそうよ。

二月堂の境内には紅白の椿があるそうです。実物は白の部分は斑入り 。



 

                     スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                      島暮らし - ライフスタイルブログ村




| | コメント (2) | トラックバック (0)

お水取り

いつか行きたいと思っていた「お水取り」 行って来ました。

東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)。

地元ではお松明と言ってました。本来のお水取りは、最終日14日の深夜

井戸からお水を汲み上げるそうです。その時、足元を照らすのが松明。


P1130442

夜7時からですが、大変な人出だそうなので、早めに二月堂へ行きました。

宿舎が二月堂まで徒歩10分と恵まれている、前回の奈良でも泊まった

大学の奈良寮です。

P1130445

 
同行者2名。2時間も待つので、モコモコニ着こんでいる。

それでも、始まる頃には手先、足先の感覚がなくなっていた。

ほんとはね、私、お水取りは殿方とひっそり来るのが夢だった。
昔、多分、立原正秋の小説にそんなことが書かれていた。
題名も分からなくなってしまったけど。

それがかしましく、女三人、最前列を取りました。

P1130450
P1130471

 
7時になると境内の光は消され、回廊を1本目の松明が上がってきます。

P1130481

P1130480

 
真下にいるので火の粉が落ちてきます。

始まる前に、コートは裏返しています。でも火の粉はこわい。


P1130483

P1130484




P1130485

P1130494



P1130496


そして、10本の松明が駆け抜けた後は・・
P1130503
火の粉が いっぱい。

1000年以上、毎年行われて来た行事。戦争中もやったってことよ。
思いきって行って良かった。

出来れば、次回があれば、今度は位置を変えて見てみたいな。
火を見たせいか、興奮して寝付かれなかった。
 

                     スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高級旅館なんてなによっ

先週末、夫は大学のクラス会で出かけました。
毎年開催されていて、どこかの温泉に行きます。

10名前後位で〇〇会と名前まであります。
私たちが移住した翌年には、佐久島で開催されました。
今年は湯河原温泉の高級旅館。

私が所望したお土産は旅館パンフレットと献立表(お品書き)。


Img_7055
 

私の好物、
蛍烏賊、いいなぁ~って言ったら、2尾だけだって。

なんと、朝食にもお品書きが付いていた・・

Img_7054
高級旅館でも、朝食には納豆が出るんだぁ~
「5,6粒な、カルパッチョは2切れ」
 
皆さん、奥様になんでこんな高い旅館に泊まるのよ~って言われたらしい。
もちろん私も・・お風呂は3回以上入るのよ~って・・
お品書きを持って帰ると言ったら、こんなの見せたらまた何を言われるか分からない
から持って帰らないと、皆さん言われたそうです。
料理には手間ひまは掛かっているかもしれないけど、産地を書いたり、
演出が大変だね。高級そうにはなるわね。
夫がいないのんびり一人朝食。

Img_7052
 
夫がいたら作らない(嫌いなので)パンケーキ。
豆乳ヨーグルト。自家製マーマレード。

シンプルだけど私好み。


                    
 スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                      島暮らし - ライフスタイルブログ村 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の黒いダイヤ・畑のダイヤ

佐久島へ移って来たころ(7~8年前)は、年明けの寒い頃に

採りに行ったものでしたが、この2,3年は今頃、やっと採れる。



Img_7045
 

岩海苔。ここからが大変。何度も砂が出なくなるまで洗う。
緑色の海藻も取り除く。これはアオサではない。
暖かかったり、雨が多いと真っ黒にならず、茶色っぽい。
そして、ストーブでコトコト4~5時間煮る。海苔は結構硬いのです。
そうそう、煮る前に細かく切ること。これを忘れて、佃煮になってから
切ったこともあったっけ・・
お味はお好みで。桃○顔負けの美味しい海苔の佃煮。
 
Img_7049
 
ピンボケで失礼。去年の味噌。3月15日仕込みと書いてあった。
例年、北海道から大豆を取り寄せていたけど、去年は地元一色産。
残念ながらamiami農園製ではない。
これがまた、手前味噌ですが美味い。


海のダイヤ・畑のダイヤは私の勝手な命名ですので、気になさらないように。

明後日(3月の一汐目)から三日間、アサリ漁の口が開きます。
今年はどうでしょうか? 確かに年々アサリは減っていますね。
佐久島では、一般潮干狩りは中止です。
私は3月の二汐目からと読んだのですが、甘かった。
初日だけやって、二日目からは旅(近場)に出ます。

最初の汐をやらないアホ、と言われました。
そんなことを言う人は・・誰だか分かりますよね?

                     スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                      島暮らし - ライフスタイルブログ村 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうとう見つけたよ

晩ごはんの支度も終わり、猫たちが外に出たがっているので

窓を開けて出してやった。そしたら、木々の間に真っ赤な太陽。


取り敢えずカメラを持ち、夫にちょっと5分だけ晩ごはん待っててと
声を掛け、西港へ行った。佐久島に来てから晩ごはんは18時。早っ。

こんな大きい夕陽、初めて・・


Img_7038
もう人っ子一人いない西港。


Img_7039

のちに武器商人となりアフリカを放浪したフランスの早熟詩人。

アルチュール・ランボーの詩にこんなのがあったことを唐突に思い出した。

私の記憶ではこんな感じ。

・・とうとう見つかったよ・・
・・なにが?・・
・・永遠というものさ・・
・・沈みゆく太陽と一緒に去ってしまった海のことさ・・




一生懸命覚えた若かりしころ。


Img_7042

ほんの5分位の間。

Img_7043

だれもいない西港。

私は永遠の中じゃなく、佐久島に根を下ろしつつある。




                
  スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村 

| | トラックバック (0)

最近の読書事情

もちろん図書館から借りたのだから、予約するのが遅かった。
次の直木賞が決まってから、前回受賞作品を読んだ。
東山彰良 「流」
Img_7029

以前、台湾に行きたい行きたいと言っていた時、「なぜ台湾なの?」って

きょうちゃんに聞かれて、明確に答えられなかった私。

それから台湾に対して忸怩たる思いを持っていた。

「流」を読んでみて、人間として、アジア人として、中国人として

過去を背負いながらも、人間くさく生きている、その空気を醸し出す
土壌として、私は台湾に惹かれるのだとおもった。


読むのは中々大変だった。
大力水手・・・・ポパイ

幹・・・・くそったれ

他・女偏に馬・的・・・・・この野郎

海灘男玄・・・・ビーチボーイズ

老鷹○○・・・・イーグルス
漢字に小さなフリガナがふってあるけど、見えないので
いちいち虫眼鏡で見る。

おまけに記憶力が悪いのか(悪い)登場人物の名前が憶えられない。

主人公「秋生」チョウシェンはシュウセンだっけ・・エエイ、もうシュウセイでいくわ。

なんて無茶苦茶な読者でした。

だから、時間が掛かったけど、読んで良かった。
最近は眼がさらに悪く、読むことがつらい。

だから、読み始めて本当に面白いと思わないと、続かない。


老後の楽しみ、編み物、読書、両方とも目が良くないとね・・

楽しみがなくなってしまう。


Img_7032
今日は楽しい雛祭り~
今から「すし○郎」で簡単ちらし寿司を作ります。

                   スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村

| | トラックバック (0)

最後のホウボウ

ホウボウが、とことこ歩いて来ました。

魚が歩くわけないよね。

書き直し・・エミちゃんが、バケツにホウボウを入れて持ってきてくれました。

「フグ漁もこれで終わりだから、今年最後のホウボウだよ」

フグ漁の時、網にホウボウが一緒に掛かってくる。

そんな数じゃないし、フグの方が断然、値がいいからホウボウは市場に出さない。

それをおすそ分けしていただく。


Img_7024

いい顔してるね。このホウボウ君、この時まだ生きていた
後ろのタマネギ は中玉位だから、大きいホウボウです。


まずお刺身で、さらに翌日、バーナーでさっと炙って炙りホウボウ。
これはポン酢でいただいた。

骨付きは野菜と共にトマト煮に。ポトフみたいにコンソメにすることもある。

あとあら汁にもした。刺身用を一切れづつ入れて。

ホウボウは煮込むと、とてもいい出汁がでる。


命をいただいて生きている実感。ありがとう。ごちそうさま。
   スローライフ - ライフスタイルブログ村

 
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村

 

| | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »