« 高級旅館なんてなによっ | トップページ | だから頑張る »

お水取り

いつか行きたいと思っていた「お水取り」 行って来ました。

東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)。

地元ではお松明と言ってました。本来のお水取りは、最終日14日の深夜

井戸からお水を汲み上げるそうです。その時、足元を照らすのが松明。


P1130442

夜7時からですが、大変な人出だそうなので、早めに二月堂へ行きました。

宿舎が二月堂まで徒歩10分と恵まれている、前回の奈良でも泊まった

大学の奈良寮です。

P1130445

 
同行者2名。2時間も待つので、モコモコニ着こんでいる。

それでも、始まる頃には手先、足先の感覚がなくなっていた。

ほんとはね、私、お水取りは殿方とひっそり来るのが夢だった。
昔、多分、立原正秋の小説にそんなことが書かれていた。
題名も分からなくなってしまったけど。

それがかしましく、女三人、最前列を取りました。

P1130450
P1130471

 
7時になると境内の光は消され、回廊を1本目の松明が上がってきます。

P1130481

P1130480

 
真下にいるので火の粉が落ちてきます。

始まる前に、コートは裏返しています。でも火の粉はこわい。


P1130483

P1130484




P1130485

P1130494



P1130496


そして、10本の松明が駆け抜けた後は・・
P1130503
火の粉が いっぱい。

1000年以上、毎年行われて来た行事。戦争中もやったってことよ。
思いきって行って良かった。

出来れば、次回があれば、今度は位置を変えて見てみたいな。
火を見たせいか、興奮して寝付かれなかった。
 

                     スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村

|

« 高級旅館なんてなによっ | トップページ | だから頑張る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お水取り:

« 高級旅館なんてなによっ | トップページ | だから頑張る »