« 最近の読書事情 | トップページ | 海の黒いダイヤ・畑のダイヤ »

とうとう見つけたよ

晩ごはんの支度も終わり、猫たちが外に出たがっているので

窓を開けて出してやった。そしたら、木々の間に真っ赤な太陽。


取り敢えずカメラを持ち、夫にちょっと5分だけ晩ごはん待っててと
声を掛け、西港へ行った。佐久島に来てから晩ごはんは18時。早っ。

こんな大きい夕陽、初めて・・


Img_7038
もう人っ子一人いない西港。


Img_7039

のちに武器商人となりアフリカを放浪したフランスの早熟詩人。

アルチュール・ランボーの詩にこんなのがあったことを唐突に思い出した。

私の記憶ではこんな感じ。

・・とうとう見つかったよ・・
・・なにが?・・
・・永遠というものさ・・
・・沈みゆく太陽と一緒に去ってしまった海のことさ・・




一生懸命覚えた若かりしころ。


Img_7042

ほんの5分位の間。

Img_7043

だれもいない西港。

私は永遠の中じゃなく、佐久島に根を下ろしつつある。




                
  スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                     島暮らし - ライフスタイルブログ村 

|

« 最近の読書事情 | トップページ | 海の黒いダイヤ・畑のダイヤ »

佐久島の日々」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとう見つけたよ:

« 最近の読書事情 | トップページ | 海の黒いダイヤ・畑のダイヤ »