« テッサのはたした | トップページ | 別れの季節 »

食い料アサリ

四日間のアサリ漁が終わり、ヤレヤレです。

アサリ漁は汐の干満に合わせて2~3時間です。
今回は午前11時くらいから始まりました。

合図で一斉に始まり、合図でやめます。


大と中を選別して、小は出荷しません。

小より小さいのは海に戻します。

小は自宅用。それを夫は「食い料」と言います。

島の人も言うかもしれません。

三河弁なのでしょうか?
「食い料あさり」で私は出汁をとり、ペットボトルに入れ冷凍しておきます。

身はせっせとむいて、色々な料理に使います。



P1130553


これが小あさり。


P1130566
 


これは中あさり。


大は全て出荷してしまうので、食べたことがありません。


今回の汐ではキロ1200円から始まり、最終日は1700円でした。

食欲より金欲が勝つのです。
次回のアサリ漁は4月第2週です。

毎年この汐が最高値をつけます。ちなみに去年はキロ1900円。

過去には2000円超えたこともあります。

(やや自慢気に)佐久島アサリは三河湾でも1,2のブランド品なのです。


面白くて楽しい。

だから、島では身体が動く限り、腰が曲がってようがアサリに行きます。

アサリ漁は、佐久島島民の春のお祭りとも言う。
               スローライフ - ライフスタイルブログ村

  
                島暮らし - ライフスタイルブログ村


|

« テッサのはたした | トップページ | 別れの季節 »

佐久島の海産物」カテゴリの記事

コメント

ブログのデザイン、変わりましたね。

写真が見やすくて、いい感じ。
深緑?のバックもおしゃれでんがな。

投稿: 林で書いた詩 | 2016年3月29日 (火) 14時07分

林で書いた詩さん
バックは、海を表すようなのがいいなぁと思い決めました。

ユーチューブ観ました。
実際より美しく映ってました。ありがとうございました。

投稿: amiami | 2016年3月29日 (火) 14時43分

 フーテンの寅さんみたいな人がこの時期の佐久島のamiamiさん宅に行ったとする。
 「おお、アサリを漁りの季節か」
 amiamiさんは「召し上がりますか」などとは言わない。言うなら「貝食べたいか(かいたべたいか/回文)」。

 さて、アサリはどのようにして召し上がるのでしょう。色々と言われそうだが。まぁ私が佐久島に行くことはまずないだろうが、仮に私がamiamiさんにご馳走してもらうなら、深川飯がいいかな。

投稿: 初恋のメロディ | 2016年3月29日 (火) 19時31分

初恋のメロディさん
深川飯・・アサリご飯のことですね。
私のアサリご飯は絶品ですよ。
まあ私の腕と言うより、あさり出汁が美味い。

投稿: amiami | 2016年3月30日 (水) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食い料アサリ:

« テッサのはたした | トップページ | 別れの季節 »