« ついでに・・ | トップページ | 「reborn」 リボーン »

猫がいなかった、猫町

先日、東京へ行った時のことを書こうと思っていたのに

骨折なんかしてしまったり、名古屋のねこ展&見舞いへ行ったりで遅くなってしまった。


上京中のある日、猫町として知られている谷中へ行った。


JR山手線の日暮里下車。

まず「朝倉彫塑館」へ


Img_6549



結果的には、ねこだけを探して歩くより良かった。
朝倉文夫のアトリエと住宅。


奈良の志賀直哉旧宅にしても、明治の文化人の感覚が凄い。


特に、アトリエの天井の高さ!そして展示作品に圧倒される。


住まいもね、迷子になりそう。こんな家、環境で少女時代を過ごせばユニークにも
なるし、美的意識も存分に 育つでしょう。

朝倉文夫娘の舞台美術家の朝倉摂さん。

彼女には何度かお会いしています。その回数だけ彼女宅にもお邪魔しています。

元夫がね、朝倉摂の教え子でした。



Img_6551

夕やけだんだんを下って、谷中ぎんざへ。


ねこいないなぁ・・私の妄想ではこのだんだんを猫が登ったり、下ったり・・



Img_6555


谷中ぎんざは観光地化し過ぎ。


お土産雑貨系の店と立ち食いできるもの系の店が多い。


同行友人が10年前に来た時と変わってるとボヤいてました。


もっと日常的な面白さがあると思っていた。


そうよ、観光地化するって考えものだわ。佐久島しかり・・


それにしても猫がいないわね。小型犬を連れている人が多い。

‘金太郎おば‘お勧めの「猫町ギャラリー」も見つけられなかった。


ちょっとがっかりしたので予定外のこちらへ




Img_6559


Img_6562

由緒ありそうだけど、疲れちゃって由緒が書いてある看板も読まなかったわ。


でも、厳かなパワーはちゃっかりいただきました。




根津神社鳥居前のこのお店。




Img_6557


古本屋さん?  小川 糸 の世界。

参拝帰りに覗こうと思っていたら、30分位あとの帰りにはもう閉まっていた。

出会いがあったかもしれないのに・・残念・・




で、猫町谷中銀座では猫を一匹も見なかった。


そうかもね、猫は観光物じゃないものね。猫たちは賢い。





                      スローライフ - ライフスタイルブログ村

 
                       島暮らし - ライフスタイルブログ村
                     







|

« ついでに・・ | トップページ | 「reborn」 リボーン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

谷中の階段、上戸彩のドラマで見ました。
都会なのに、田舎っぽくて、温かく感じる町ですよね。
猫が似合う町です。

岩合さんに会われました?
サイン会もされると、パンフに書いてありました。
そうか・・・・島の猫がいるかと思ったのね。
ぶちゃいくな猫、絵になるのにね。

骨折、その後はいかが?

投稿: ちるみ | 2015年11月15日 (日) 20時50分

明治村の夏目漱石の家もなかなかいいですよ。
ご当地なら、吉良町の尾崎士郎記念館の書斎もお気に入りです。

明治の家は、これからやるぜ!という明るさ、開放感がいいでね。

投稿: 林で書いた詩 | 2015年11月16日 (月) 11時19分

ちるみさん
岩合さんのサイン会は初日だったので会えませんでした。
彼なかなか素朴そうですよね。そうでないと、猫は撮らせてくれないのかな?
谷中はもう1度行ってみたいですね。次回は裏通りをもっと。
後から(当日は私も友人も地図を忘れた。用意してたのに・・)地図を見たら
表通りばかり歩いていたみたい。

骨折はひどくはないけど、まだ鈍痛がつづいてます。
昨日、添え木を外して見たら、指が変形してました(泣)


林で書いた詩さん
明治村は行ってみたい所です。
夫は行ったことがあるらしく「あんなところのどこがいい」って言うので
一人で行ってみようかと・・

吉良町は町巡りすると面白そうですが、近すぎてそのうち・・って感じです。
吉良上野介は、なかなかの賢公だったそうですし、尾崎士郎は宇野千代を
北海道へ帰らさなかった色男ですよね。
明治時代の人は凛としてますね。だから家もすがすがしい。

投稿: amiami | 2015年11月16日 (月) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫がいなかった、猫町:

« ついでに・・ | トップページ | 「reborn」 リボーン »