« 不調 | トップページ | 実はちょっと行ってきた。 »

ギョ!

このところの記事タイトルがマイナーね。

でも私は至って元気に、来るべき夏を乗り切る気満々です。



今日は東海地方も梅雨が明けたので、サンシェードを取り付けました。

といっても、夫がね。

私は何をしたっけ・・  リビングの窓を拭いたでしょ、畑(amiami農園)のアガパンサスの花茎を切った。

100本近くあり汗ダラダラ。



Img_6388

夫が見つけた。

庭のオリーブの木がもさもさだったので、切った辺り。

よーく見ると何かある(いる)のよ。  蛇の死骸。

彼は最初、ロープの切れ端だと思ったんだって。




多分、猫かカラスが持ってきたのだろうと・・
そして、マムシだって言うのね。









死骸といえども、蛇、大嫌いだからね、それでも怖いもの見たさで

見に行ったけど、ギョっとしたわ。

夕方、いなくなっていてまた、ギョッとした。生き返ったのかと思ったら

夫が捨ててきたって、どこに?





 スローライフ - ライフスタイルブログ村

 
                         島暮らし - ライフスタイルブログ村

|

« 不調 | トップページ | 実はちょっと行ってきた。 »

佐久島の日々」カテゴリの記事

コメント

 
 

 私は佐久島にマムシがいると知ったら行きたくありません。島には観光客相手の商売を営む人もいるでしょうが、ですから、観光などに影響はないのだろうかという疑問がわきました。
 amiamiさんは 浮かれた観光客が勝手気ままにうろちょろするなどお気に召さないようで、私もそれは十分理解できます。
 それは別として、客観的に佐久島にマムシがいるものかどうか、気になりますね。
 そうなると、島には血清があるのだろうか。噛まれたらヘリコプターで「本土」へ搬送されるのだろうか。
 考え始めると夜も眠れなくなりそう。
 「主人の勘違いで毒蛇ではありませんでしたから皆さんご安心を」という内容が次回にあると、世間が平和かなと希望的に思ってしまいます。

 >@~~~

 ↑蛇には見えないね、残念!

 

佐久島で恋をした
 佐久島で恋をした
 佐久島で恋をした
 佐久島に恋をした

吹けば飛ぶような離れ小島に
 住んだわらわを笑わば笑え~
 (「王将」の替え歌)

 こんな調子で、amiamiさんが好球を投げたときのために予定原稿を少しは作ってあるのだけれど、ストライクゾーンを外れているのでバットを動かしにくいね。

 (=^ェ^=)


投稿: 初恋のメロディ | 2015年7月22日 (水) 00時56分

初恋のメロディさん
残念ながら、佐久島にマムシはいます。
私が移住してからの6年で2人噛まれました。
一人は島おじさん、もう一人は半観光客(島に知り合いがいて遊びに来てた)
わりと、すぐその辺(我が家の近く)で。
2回ともドクターヘリは飛びませんでした。船で本土へ行き、そこに救急車が待っています。

それ以前に、蜂に刺された島おじさん(私と同い年だった)がいたけど、その時は
ドクターヘリが飛びました。でも・・アナフィラキシーショックでその方は亡くなりました。
同じ年に、私は2回も蜂に刺され、死ぬ~死ぬ~と騒ぎました。

自然の中で生きるのは、共存でもあり戦いでもあります。
この歳にして、初めてのことが多すぎます。いやじゃないのよ。

投稿: amiami | 2015年8月 2日 (日) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギョ!:

« 不調 | トップページ | 実はちょっと行ってきた。 »