« 出待ち組 | トップページ | 初夏の風物詩 »

勝どき散歩

東京へ行くと、勝どきあたりに泊まる。

東京生まれだが、下町には縁がなかった。

ましてや勝どきは人々が暮らしているという認識はなかった。

運河の街、工場が立ち並んで夜は真っ暗。

そんなふうに勝手に考えていた。



今や勝どきは注目のエリア。東京オリンピックで選手村ができる。

現在でもタワーマンションが立ち並び、清澄通り添いの歩道は

小さな子を連れた若いママたち、小学生たちでいっぱいだ。

何でも、この勝どき一帯は全国でも人口密度が高いそうな。

これは宅配のおにいさんに聞いた。

一歩表通りを入ると、昔ながらの建物が並んでいる。

朝早く、7時前くらいにパン屋さんに行くので、ついでに少し歩きまわる。


Img_6226


Img_6225


元々、浅草にあったお寺。

江戸の大火の時焼け、ここに移ってきた。

その時一緒に十返舎一九のお墓も移ってきたとある。

Img_6227

この石碑は清澄通り沿いにあり、お墓ではないだろうと思うけど

境内にもそれらしきものはなかった。

東陽院の脇の路地を行くと・・

Img_6228

東京の猫はちょっと意地悪な感じ。人間はどう? 人それぞれね。

Img_6229

少し広めの路地に出る角にこんな小料理屋があった。

「あの日、月島の路地裏であなたを見つけた。

これこそが私の人生の快挙」   白石一文 「快挙」 より

ここは勝どきだけど、月島は隣りだし・・ この店はあの小説の舞台?

夜、来てみたいと思いつつそのままになってしまったけど。

Img_6230

昭和のにおいプンプンの木造モルタルアパート。

向こうにタワーマンション、隣に大江戸線勝どき駅拡張工事の重機。


「勝どき湯」という銭湯も見つけた。

次回は時間を見つけて入りに行きたい。

それも目的の一つとして、また東京に行く。



                スローライフ - ライフスタイルブログ村

               島暮らし - ライフスタイルブログ村


|

« 出待ち組 | トップページ | 初夏の風物詩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝どき散歩:

« 出待ち組 | トップページ | 初夏の風物詩 »