« 古都奈良 | トップページ | 高貴な匂い »

行きたかった志賀直哉旧居

春日大社参道から左に下る小道が



Img_6150

「ささやきの小径」、なんでなんだろう、ミステリアスなネーミング。



Img_6152



同行二人の美OBABA後ろ姿。

自然のままの小径、整備されているのにされてない?

奈良中心部なのに、こんなところが奈良のいいところ。

下り切ったところに・・



Img_6153

今度の奈良行き、神社仏閣よりここに行きたかった。


我が青春の一時期心酔していた、志賀直哉。


「暗夜行路」を読んでボーっとしたんだよ。



志賀直哉自身が設計し、昭和の初めから12~3年住んだ家。




Img_6154



こっ、この机で「暗夜行路」の後編を完結した。


感激。  さすがに私でも、一応ダメとされていたので椅子に座らなかった。


Img_6159


「高畑サロン」と言われ、文人、画家が集った。

この椅子には腰掛て、しばし感慨に耽ったわ。




主婦だし私たちが感心したのはこれ


Img_6158




文学には関係ないけど、作り付けの氷冷蔵庫。



もう50年近くも昔だけど、私、志賀直哉に会ったことがあるのよ。

あっ、ちょっと違うわね、見かけたことがあるのよ。

渋谷の道玄坂の途中で、ご夫婦で二人とも着物姿。

と、そこの雑貨屋の赤電話でどこかに奥さんが電話した。

それから、車道側に立って・・お迎えの車でも呼んだのかな。

上品な小さな老夫婦だったけど、志賀直哉の強い目の力はまだ確かに感じた。


もう晩年よね。


その間、話しかけたい、いえ、それは失礼、いえ、勇気がない。

そんな逡巡する自分を憶えている。







                   スローライフ - ライフスタイルブログ村

 
                    島暮らし - ライフスタイルブログ村




|

« 古都奈良 | トップページ | 高貴な匂い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行きたかった志賀直哉旧居:

« 古都奈良 | トップページ | 高貴な匂い »