« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年4月の投稿

い・ち・ご

島に移住して来た年(2009年)に苗を貰ってそのままに

なっていた苺。

採れるけど、年々劣化してジャムにするのもしのびない

小指大の実しか採れなくなっていた苺。

昨年秋には移植して、トンネル(風除け、寒さ除け)までかけた。

私としては愛を込めたつもり。

可愛く、赤く実がなった。

やっぱり愛は必要ね。

Img_5498

優しく、夫JUNに大きい方をどうぞ。

すると・・「美味くない」

なんだ!優しくした私がいけなかった。

仮にも、いまいちでも「 まあまあだ 」くらいは言ってくれてもね!

次回からは私が大きい方を食べる!

もう一つの方(小)を食べてみたら・・???

ヘン! なんか粉っぽい。

苺に対しての感想ではないみたいだけど、粉っぽい。

まあ、JUNが言う通り美味しくないかも・・

まだまだビタミンIが足りないのか・・

農業は奥深い。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年(2014)のアサリ

東京、名古屋と遊び歩いて風邪をひき、スッキリと抜けません。

それなのに、喉も鼻もグスグスさせながら、今年最初のアサリ漁は

3日間しっかりやりましたよ。根性です。

だって、やらないと大赤字になってしまいます。

今年はアサリの生育状況が悪く、おまけに渥美半島あたり

では貝毒で出荷できない状態だった。

佐久島でも今年はアサリ漁は出来ないかもしれないと言われていた。

あるいは今でも、もうあと一汐(3日間くらい)かもと言われている。

となると、種子代、鑑札代等で一人3万円強かかるのに・・

我が家は2人とも下手で中々採れないの。JUNは根気はいいよね。

そんな訳で一汐、二汐で種子代、鑑札代を上回る出荷額がないと

赤字になってしまう。赤字になってまではやりたくないものね。

それと、お世話になった人たち、いまお世話になっている人たちに

毎年、島あさりを送っているのが出来なくなってしまうし・・

だから、お鼻グスグスでもやったのよ。

でもやっぱり不漁と予測されていただけに、だめだった。

多分・・私の素人考えかも・・三河湾ってよごれてる・・

佐久島もそうだけど、他の三河湾沿岸の観光潮干狩りは

中止のところが多い。

Img_5489

これは出荷できない小。自家用。

私はアサリの出汁を採っておきます。


Img_5490

amiami農園のキャベツは成育がよろしくて・・

農薬ゼロ、化学肥料ゼロでも大丈夫よ。


Img_5493


ナマコ漁ももう終わったようで・・

最終日にさっちゃんから貰った。さっちゃん父が東で漁師やってる。

これはキン子(干しナマコ)にしている。

何回も煮ては干しを繰り返す。

私が作り上げた(一人ではないけど)会社を次男が引き継いで

くれてます。そのホームページ。

ホームページを作成しているのは長男です。

   Cocolog_oekaki_2014_04_06_17_33

http://www.hanehands.com/





 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

春ですねぇ~

なんてのんきなことを言ってますが、

東京から戻って風邪気味が抜けません。

ハードスケジュールではなかったけど

東京からまっすぐに島に戻らず、名古屋経由で

もう一泊して、徳川美術館の「尾張徳川家姫たちのおひな様」を

見て来ちゃった。

猿之助のスーパー歌舞伎「空ヲ刻ム物」よかったわ。

Img_5470

先代のスーパー歌舞伎はちょっと(ノーサンキュー)だったけれど

亀ちゃんと蔵之介が手をつないで宙吊り(フライングというらしいわ)

したとき、思わず涙ぐんでしまったわ。なんの涙かしらと言ったら

友人が「感動の涙でしょ」って言ってくれたわ。

そう、感動したわ。ミーハーなamiobaです。

それと掘り出し物が・・

「鳴海」というお婆の役の浅野和之。

帰ってから調べたら、舞台世界では有名なのよ。

私が無知だっただけ。

年齢も今年、還暦らしい。同世代じゃない~、なんかうれしいわ。

amioba

猿之助のファンクラブに入ろうか悩んでいます。

もうミーハーに徹しようかなぁ。

ちなみに、市川亀治郎の時から好きだったのよ。

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »