« バスツアーデビュー | トップページ | 師走の日々 »

離島ストレス

オンナを捨てたわけではないのですが、鏡を見なくなりました

それでもお風呂上りくらいは見ます。で、最近、気が付いた。

気になってた眉間の皺!が薄くなっている! (まっ消えたわけではないけどね)


確かに佐久島に移って来て、ある意味のんびり暮らしているから

眉間に皺を寄せることも無いわけで・・

しかし、ストレスが無いわけではなく・・


これからの季節、強風 そうすると


船の揺れは本当に怖い

慣れとはすごいもので、かなり平気(をよそおって)になった。

歯医者の予約の前日から風ばかり気にしている。



そして、ゴミ。

毎日毎日出るゴミ。

なにしろ島ではゴミの収集は月一度だけ。

浜松では毎日のように何かしらの収集があった。

島民用生ゴミ処理機は扱いが重い。利用者は少ないようだ。

海に捨てちゃう人もけっこういる。島に来て始めの頃、目撃してショックをうけた。

私は生ゴミは処理機とamiami農園にうめるのと半々くらい。

穴を掘るのも重労働。 

燃えるゴミは島民用焼却炉で燃やします。

が、トレイ、発泡スチロールなんかも一緒に燃やしちゃう人が多い。これもショックでした。

毎日出るゴミは(処理は)ストレスです。

自分なりにきちんと処理をしていきたいと思う。

そして何より最近感じているストレスは・・

観光客。

4~5年前、私達が移住してきた頃はほとんど観光客なんていなかった。

その後、TVや雑誌に取り上げられることが多くなり、いっきに増えた。

もともと観光地ではないし・・だから受け入れ態勢も整っているとは言いがたく。

狭い路地をぞろぞろ歩くのはどうなんですか
マンションの外廊下を見ず知らずの人が群れて歩かれたらどうですか 
そんな感じです。

話しかけられることが多い。畑にいれば「何作っているんですか?」
隣りのTさんが話しかけられてうるさい、失礼だと思うけど知らん顔するって
言うけど、失礼なのは観光客でしょ。
静かに暮らしているところにズカズカくるようなもの。

最近した質問。「水は湧き水ですか?」

JUNが答えようとしているのを引き取って私「水道が海底を通ってきています、
ちなみに電気も通ってます そんなに未開地じゃありません

4580
これは島1広い道。島民は1号線と呼んでいる。
何か見ているようですがなにもありません。

もし観光地とするならば、ちゃんとプロジェクトを組んで

根本から取り組んで欲しいと思う。

九州の五島列島の小値賀島は古民家再生でとても素敵になっている。

4579
これはわが家の食卓の私のイスからの眺め。

勝手にトトロの家と呼んでいる廃屋。

その向こうが海です。

こんな眺めを見ながらご飯を食べていると眉間の皺は薄くなります。


できれば、私の願いは美しく枯れていく島です。





           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ









|

« バスツアーデビュー | トップページ | 師走の日々 »

佐久島の日々」カテゴリの記事

コメント

静かな生活を希望されていらっしゃるamiamiさん達島民にとって、物珍しげな観光客の存在は、煩わしいことですね。観光客の増加だけでは、佐久島の本質的な問題(高齢化、就業する場等)の解決には、なってないですね。
むずかしい問題です。

投稿: つかさ | 2012年11月21日 (水) 21時09分

観光客側の私にとっては耳の痛いお話…
本当、3年前に初めて島にお邪魔した時に佐久島を盛り上げようとする自治体?と島民の方々の温度差感じましたね。
でもそれで良いのだなーと思います。
amiamiさん仰るように、のんびりゆったりの空気を吸いたい時にお邪魔したい所だと思いました。
だから、賑やかになって欲しくないというのが私も希望です(^-^;

でもでも、そういうゆったりした空間を知っている人って本当に少ないのです。
だから観光客の人たちもその魅力を佐久島に感じているんだと思いますよ(^^)
まぁ中には失礼な人も多々おられるようですが(笑)

投稿: hachi | 2012年11月22日 (木) 10時04分

つかささん
観光客はなにを感じて帰るのか、気になるところです。
たしかに私も今まだ街中に住んでいたら、昔の生活が残っていて
自然あふれる取り残された島なんて魅力を感じていたと思います。
そしてゾロゾロと歩いていたかもしれません

投稿: amiami | 2012年11月22日 (木) 14時02分

hachiさん
のんびりゆったりを感じたい人にはとてもいい島です。
そして、そういう人たちはOKです。

最近は「離島ツァー」といって某旅行会社の企画ツアーが困ってます。
佐久島滞在時間は1時間くらいで、あわただしくぞろぞろ歩いて行くのです。
佐久島の魅力はそんなのではわかりませんよね。

hachiさん、冬にいらっしゃることがあれば是非、山の方を歩いてみてください。
やぶ椿がきれいですよ。

投稿: amiami | 2012年11月22日 (木) 14時11分

昔、まだ家族が居た頃、房総半島の中を、観光化されている所を外して歩くのが好きでした。
島も団体でゾロゾロ歩かれたら迷惑でしょうね。
雑木林の中で“あけび”を採ったりしていたけれど、地元の方には迷惑だったのかな?
反省!!

投稿: tiasusanaの親爺です | 2012年11月25日 (日) 15時40分

やぶ椿!初めて聞きます…。
冬の佐久島は未経験なのでぜひ行ってみたいですー(><)
年内に一度行けたらなぁー♪見頃だといいです(^^)

投稿: hachi | 2012年11月29日 (木) 11時06分

来月1月1日に、佐久島の古い町並みの写真を撮ろうと調べて
いたところ、こちらのブログの記事に辿り着きました。

この観光客の写真を見て、愕然としてしまいました。

私事で大変に恐縮ですが、あちこち古い町並みの写真を撮るとは
いえ、そのコンセプトは、あくまでもその場所の日常写真を撮ること
ですが、この記事に掲載されている観光客の写真を見て、そんな
日常が、見事に破壊されていると感じました。


日常は、そこで暮らしている人たちが、平穏な状態であって、初めて
その雰囲気が、その場所ととともに、創りあげられるものであるので
とても残念です。

もちろん私も、いかなる目的があっても、そこに行けば、その平穏を
壊す邪魔者(ましてや元日に行くなんて・・・)でしかないのですが、
それでも、自分の目で確かめてみたいと思います。

amiami様のブログに辿り着けて、本当に良かったです。

この情報を肝に銘じて、訪れたいと思います。


投稿: zummar | 2012年12月28日 (金) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離島ストレス:

« バスツアーデビュー | トップページ | 師走の日々 »