« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の投稿

久しぶりのお手入れ

夏の間、放置状態だったamiami農園。

そろそろどうにかしないと、秋、冬野菜が植えられない。

「白菜の苗があるからあげるよ~」ってお声がかかっても

「ちょっと待って、植える場がな~い」って答えるしかなかった

4425

草ぼうぼうよ。あっという間にこんなになちゃうのよ。

土がコチコチで抜くのも大変。

雨の翌日にやるしかない。

今年はJUNも夏バテ気味で一人でやりました。

そしたら・・くじ運悪い私でもたまにはいい事あったのよ。

4424


生ゴミとして穴を掘って捨てた、すいかが雑草に埋もれて育っていた

ちゃんと熟れているのか、甘いのか疑問だったけど

どーよ

4445

甘かったわ。今の時期じゃ高級品よね。

すっごく得した気分。

小さな幸せ、大きな贅沢。



本日「島民ふれあい運動会」なので今から行って来ます。

島はお勤め人がほとんどいないので日曜日とか関係ないの。

午前が小中学生、午後は島民が出ます。

JUNは消防団の小型ポンプ操法に演技?者として出ます。

ここ2週間、毎朝6時から朝練。

家で復習してたけど、毎回大笑いしてた。失礼な女房です私。

           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



| | コメント (6) | トラックバック (0)

貝紫染め

この三連休、弁天サロンで貝紫染めのインストラクターをやりました。

実は貝紫染めの経験がない私がなぜ?と言うと・・

この7,8月のことを書かないとね。


佐久島弁天サロンは通常月曜日が休館ですが、7,8月は来島者が多いので

無休になります。そうなると管理人のアイさんの休みがなくなってしまうので

頼まれて7,8月の月曜日、ボランティアに近いバイトをしました。

夏眠といいながらも活動してたのです 週一ね。


貝紫染めは予約が必要で、この三連休に17人もの予約が入っているのは

7月の時点で知ってました。

いつもは2~3人くらいで、島のおばあさんが教えているのです。

そして今では教えるおばあさんも1~2人しかいないのです。


9月に入って暑い暑い日にアイさんがやってきて「16日の貝紫染め、手伝って

くれんかねぇ、17人なんて一人じゃ無理だわ」と顔中汗かいて懇願されました。

ノーと言えないわたくし。


てなわけで、ヒサコさん(教えるおばあさん)の助手をしたのです。

人に教えるのは好きじゃありません、私、優しくないし・・

でもね、貝紫染めってなんと古代ローマ時代に珍重されていた。

あまりにも貴重な為、執政官のトーガ(正装)のふちにしか許されてなかったの。

唯一オール紫に染めたトーガをまとってよかったのは、ユリウス・カエサル(シーザー)

今読んでる「ローマ人の物語」Ⅴ巻までの知識。

ちなみにクレオパトラもこの貝染めの紫が好きだった。

興味津々です。


貝は赤ニシ貝を使います。

4429

たしかに17人は多いな。

ニシ貝のパープル腺を取り出し海水で溶きます。

4431

型紙の上から叩くように液を入れていく。

型紙を使わず自分で描いてもいい。

それを太陽に2~3時間あてて乾かすと・・

4435

作業としては難しくないけど、一個の貝から取れるパープル腺はほんのわずか。

トーガの布を全部染めるのは大変な労力。やっぱりカエサルは偉大!

ともあれ、弁天サロン、貝紫染めといい、島は人手がないのです。

この夏は他にも、東の食堂、あと牛乳配達からも打診されました。

ノーと言えない私だけど、申し訳ないけど、断りました。

島ではまだ若手なのです。

島では本ばかり読んで遊んでいる人はいないのです。

これからも何かと狙われるな。

でももう仕事はしないと決めて島に来たのだからね・・





          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ









| | コメント (1) | トラックバック (0)

ワタリガニ漁

わが夫JUNは佐久島に移住することに決めてから

「島で漁師をやるぞ~」と知り合いに豪語してました。

実態は西港堤防漁師。

JUNが竿を垂れている前を本物漁師さんが漁船で出漁していきます。

「お~い釣れるか?」など声を掛けながら。

あまりにも釣れてない時はわざわざ船を堤防までよせて

「今晩のおかず」ってド~ンと魚を投げてくれたりします。


そんな中仲良し漁師さんも増えて、この夏念願の漁師デビューしました。

漁師デビューといっても漁船に乗ってお手伝い。

最初、鰆漁に連れて行ってもらったけどその時は漁獲量ゼロ。

鰆漁は夕方出港して真夜中に戻ってきます。伊勢湾の方まで行く。

お手当ては鰆一本だったから結局お手当てはナシ。

つづいてワタリガニ漁のお声が掛かり行ってきました。

ワタリガニ漁は三河湾内です。夕方から夜にかけての漁です。

そしてその日のお手当ては・・

4418_2

まあまあ獲れたようです。ヤレヤレです。足手まといにならなかったかしら?

その後また鰆漁のお声がかかったのですが、前回ゼロだったわけではなく

結構きつかったみたいで「一人で行ってきな~」などと図々しく断ってました。

漁師さんは前回ゼロだったので気を使ってくれたのにねぇ。


ワタリガニ漁も鰆漁も漁師マサヒコさん。

もっともこの人、JUNが手伝わなくてもいつもワタリガニも鰆も持ってきてくれる


「漁師になるゾ~」なんて豪語してたのは誰?

マサヒコさんにかぎらず、佐久島西港漁師はみんなやさしい。いい人ばかり。




          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もぞもぞ

あらら、もう9月も6日になっているのですねぇ・・

そろそろモゾモゾと動かなければ・・

今年は夏眠すると自分にきつく言い聞かせ、なにしろ夏はダメ、ムリ、キライなので。

身体の声に耳をすませば夏眠しかないのです。

とはいっても、モゾモゾとなにかをやってはいましたが。

なにかと言うと・・

4411

予告どおりはまってましたねぇ
編んではほどき、いったい何個帽子を作ったか・・

自己流、勝手に編んでるのでちょっと大きかったり、小さかったり

中にはベビー用になった(サイズが超小になってしまった)のもあり、ちゃっかり「アサキのために編んだのよ~」なんて孫に送ったりしました。

そしたらアサキはかぶせるとすぐ取りママの頭に載せるらしい。
無理もないわね、子供用デザインじゃないもの。子供には失敗作ってばれてる・・

結局、自分がかぶれるのは2個出来ました。

4412

奇跡的なこともあった。

4403

4月1日に仕込んだ味噌の様子を見たら、カビもまったく無くきれいに発酵中だった。

味噌たまりも澄んでいてうれしい。

去年は材料キットでやったけど、今年は大豆も塩もこだわったから。

面倒でも手間ひま掛けると違うかな。



そして課題にした「ローマ人の物語」

ただ今、Ⅴ読破中。Ⅰ~Ⅲまではきつかった。

名前が覚えきれない、そこで、暗記するために読んでいるのではないので
大きな流れをつかむようにした。

Ⅳになるとカエサル(シーザー)が出る時代になり、がぜんおもしろくなった。

ゆっくり読み進めます。

その他の本では「少年は危険な弓を射る」 イギリス作家が書いた小説。

これは問題作かも。多くの女性が読むといいと思う。

この秋映画が公開されるらしい。図書館司書が言っていた。

あと今、心くだいていること。

4405

この子を手なづけ(心通わせ)ようと・・

佐久島は野良猫が多いの。どこの家でも魚をやってるので。(魚の生ゴミ処理)

私もやってたけど、なぜかこの子がいつもいるように・・

ポポと名前も付けました。

ハワイ語でポポキは猫。長男が飼っている猫がポポキ。そこから名前をもらった。

「ポポ」って呼ぶと反応するようになった。

ところが我が野亜もいち早くポポの存在に気づき、私が「ポポ」って呼ぶと

4401

私のメガネをさっと取り、返してくれない。これ嫉妬?

ブログもモゾモゾと再開。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »