« なんだかワサワサと・・ | トップページ | お名月さん »

9・11 あの日

 アメリカ同時多発テロから10年たちました。
 あの日の朝、私はリビングのTVをつけたら、ビルから煙が上がっていました。
 どこのビルかも分からず、キッチンにいる母にビル火災みたいだと声をかけた。

 まさにそのすぐ後、飛行機がビルに突っ込み、TVからは悲鳴とも叫び声とも
 つかずあがっています。
 私の英語力ではなにがなんだかわからず、唖然とTVを見つめていました。

 そうです、私はその時アメリカに、母の家にいたのです。義父の葬儀のために。
 母はアメリカ人の義父と再婚してシアトルから1時間程の小さな地方都市に住んで
 いました。義父は母より10歳も若く、その年の5月に訪問した時は元気だったのに
 9月の始めに危篤とTELがあり、その日のうちに亡くなったと連絡があった。
 たまたま出張中の私は仕事を中断し翌日自宅に戻りました。
 いつもは格安飛行券でしか行ったことがなかったけど、次の日のフライトを正規
 料金で予約した。格安の4倍もしたけどそんなこと言っているときじゃなかったし。

 そして義父の葬儀も終わり、日本に戻る前の日にNYの貿易センタービルに飛行機が
突っ込んだのでした。
 英語力がなくてもTVにずっとかじりついていると色々な事実がわかってきます。
 空港が閉鎖となり帰国出来なくなってしまった。
 航空会社へTELすると「あなたの席は確保されているので心配しないで」と繰り返られ
 るばかりです。3日間くらい閉鎖されていたでしょうか。いま思い返すとこの(アメリカ
 滞在)間のことは、義父の死のショックやテロのショックで記憶が少ないのです。
 明日、空港に来るようにと航空会社から連絡が入りました。母はまだ早いから心配だと
 反対しましたが翌日、空港へ行ったらあふれんばかりの人、人です。でも殺気だった
 雰囲気はなかった。皆乗れるかどうか心配していた。私はカウンターで名乗ると奥から
 職員がきてすぐ中へ入ることが出来ました。ここで席が確保されているということが
 わかり、それは格安と正規料金との違いだと気がつきました。
 飛行機に乗り込んでも1時間くらい説明も無く動きませんでしたが、機内は話し声も無く
 静かでした。 隣の席の人は関西の方らしく、関空までだったけど成田でもともかく乗れ 
 ただけで安心したと言ってた。

  成田に着き東京駅から新幹線に乗ってはじめて疲れが押し寄せ、隣の席の若い女の人
  に話しかけられ、「ごめんなさい、疲れているので話しかけないで」と言ったのを
 おぼえています。



 あれからもう10年とも思うし、まだ2,3年前のことのようにも思うし・・

 この10年で私の人生も大きく変わって、でも今は小さな島で暮らしていることを
  うれしく思っている。

 心残りは大好きだった義父ともっと話したかったこと。英語がペラペラだったらなぁ。


162_2
      おひるねハウスの近くで。 さぼてんの花。

|

« なんだかワサワサと・・ | トップページ | お名月さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうでしたか、10年前はかなり大変でしたね。私は米国勤務から帰国して2年目くらいでしたが、やはりかなりの衝撃でした。
本当は今週米国出張の予定でしたが、911の10年目というのが気になり、先週に変更しました。気にし過ぎかとも思いましたが、どこかで小さな事件が起きただけで全ての飛行機がストップ・・・ということを避けたかったのです。平凡な平和な毎日に感謝して生活しなければいけませんね。

投稿: Amma | 2011年9月16日 (金) 20時52分

Ammaさん
あの時、アメリカにいたと言うことは大きな体験でした。
大国だし、たまたま私がいたのは西海岸だけれど、確かに
アメリカは一つになって悲しみにくれていました。
ハイウェイを走る車は星条旗を半旗に掲げて走っていました。

静かに暮らしていることが夢のようです。

投稿: amiami | 2011年9月17日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9・11 あの日:

« なんだかワサワサと・・ | トップページ | お名月さん »