« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の投稿

きれいになった!(自己満足だけど)

今日で八月も終わり。長かったなぁ・・

夏(暑さ)はまだつづきそう

4日に退院してからなんだか外がこわくなりほとんど引きこもり。

家の中だって菌や虫はいると思うんだけどね。

amiami農園の雑草はJUNが二日がかりで抜いてくれました。

そんな夫のやさしさ(たまにはヨイッショ)支えられ、ほとんど紫外線を浴びず、土も触らずにいたら、

手がきれいになっていたよ。

3828

元々、美手じゃないし、before画像もないから・・

じっとわが手を見てはニヤニヤしています。

ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おいしいナオコーラ

歳をとったら、ひなが一日つらつらと本を読むのが夢です。

しかし、最近それは夢にすぎないと、ひしひしと感じられるようになった。

今でさえ、根をつめて読むと疲れる。だいいち集中力がなくなった。

眼も疲れる、老眼も進んでくる。

もはや、ひなが一日読書なんてとても無理と気がついている。

でもやっぱり本が好き。

何年か前、文藝賞を受賞した「人のセックスを笑うな」

新聞の広告を見て早速読んでみた。

なかなか良かったのね。その後朝日新聞に日曜日に「指先からソーダ」というエッセーを

連載していてこれも良かった。

その作者が山崎ナオコーラ。

なんでもコーラが好きなのでナオコーラなる名前にしたとか書いてあった気がする。

そのセンスも好きだけど、フラット派を自認するだけあって、平易な言葉で綴るハイセンスな文章な感心する。

本人の目標は、「誰にでも分かる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」

ナオコーラさんの最新作「ニキの屈辱」を読みました。

3821

思えば喜怒哀楽、妄想の世界を乱高下しながら生きてきたわたくしは、フラット感にあこがれるのだな。

「男友だちを作ろう」という対談集(これは対談をそのままでなく彼女の筆で書いている)の中で佐野洋子のようなカッコいいおばあさんになりたいとあったけど、佐野洋子はたぶん喜怒哀楽乱高下の世界を生きたように思う。その中でいさぎよかったんだろう。

そういえば、川上弘美も佐野洋子のような文章を書きたいというよりあんなふうに生きたいと、佐野洋子の追悼特集本に書いてあったな。

佐野洋子はわたくしの大学の大先輩でもあります。

昨11月に亡くなってからほぼ全作品を読んだけど「シズコさん」には泣かされた。

         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ムシ・ムシ・キライ


一昨年(初めての夏)、ハエがあまりにも多くてこれを買いました。

これがまだ売っていることにびっくりしました。


3816

ハエ捕り紙。

昔、食堂のような所に下がってましたね。繊細な私はそれを見ただけで食欲が失せました。

一昨年は余りにもハエが多く、食欲云々など言ってられなかった。

3818

こんな風に下げました。今年も下げてます・・いやだっ 

でもこれは一昨年が特に異常発生だったようです。


昨年は蜂、蚊共に多かった。

私は2回も蜂にさされ、佐久島では命を落とした人もいました。

ほぼ一日中、蚊取り線香を点けているので除虫菊のみで作られている天然物を買いました。

3813

ちょっとお高いかもしれません。わたしは「き○ちょう」の匂いの方が好きですけどね。


そして一緒に受け皿(?)も買いました、なんとか焼きで高かったのに数日で野亜が蹴飛ばして割ってしまい、ボンドで貼り付けて使ってます

3824

蚊もハエも10月いっぱい、もしかしたら11月になっても元気です。

田舎ってそんなもんだって受け入れるしかないですね。

蚊、ハエにかぎらず佐久島ではどんな虫も元気満々です。



今年はダンゴムシが多いけど、刺したりしないから気が楽です。

ムカデもすごく多いけど刺されたことがまだないのでトラウマはありません。



そこで、気休め程度ですが今年は虫除けスプレーをつくってみました。

3776

精製水    45ml

エタノール   5ml

オイル 全部で10滴

この倍の分量を作るのですが、匂いも感触もいいのでシュッシュと使うのですぐなくなりもう何回も作り、冷蔵庫に入れてあります。


男の子を育てたので、母親がムシぐらいでキャアキャア言ってはいけないと思い黙っていたけど・・

ムシは大嫌いだぁ!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人生の夏、そして夏の終わり

やっと蜂窩織炎の完治を言い渡されました。

あ~ぁ本当にエライ目にあいました。

当分は怖くて[おこもり]気味でしたが・・

私の年若い(10代)大好きなamica達が遊びに来てくれました。

二人ともキラキラかがやく人生の真っ盛り。


女の子は映画のフィルムの編集の仕事を希望し

男の子は演劇とダンスの道へ進みたいと言っている。


In

3804

暑さも真っ盛りの3日間だったけど、元気だねぇ、それが若さか・・

元気も一杯で夢もいっぱいで・・いいなぁ・・


Ami


私も佐久島で虫やばい菌に負けず生きていくよ~


なんだか急に今日からトンボがたくさん飛んでいます。

秋はちゃんと来るんだ・・

           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ





| | コメント (4) | トラックバック (0)

Only one


庭に植えたいものレモンとオリーブ

なぜかそう思い込んでいまして・・


昨年、両方とも苗木を植えまして・・

オリーブは異種を植えたらいいとのことで、2種3本。


おりこうさん達で今年はもう花を咲かせました。

が・・・風で全部花が落ちてしまいました・・・と思っていたら・・


なっなんと、オリーブに実がなっているではありませんか


3768_3

おぉ~なんていとおしい。

う~ん、でもたった1個だけ・・・どうする?

毎日なでなでして愛でるだけしかないですね




                にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっぱいお見舞い


時薬とはよく言ったもので、私の左腕も良くなっております。

しかし、肘って結構なにかにぶつかるのでその度にうなってます。

JUN言うところのガサツオンナでございますので

布(UVマフラー)で腕を吊ってます。

見た目、大手を振って安静スタイルなのでハッピーエブリディつづいてます(ヤッター)



40年来の友人(大阪高槻在)からお見舞いが届きました。

夏バテせぬように・・自家(他家?)製。


3767

去年は届いてから干したけど、今年は干さずに食べることにした。

ジューシーな感じなので。

早速、ありがとうメールを・・

「南高梅より私にとってはうれしい価値ある梅です」

お返事は

「わが家の梅は南高梅よりは余程 良 と自負してます」


この友人、辛辣にズバズバ言うんだわ。

私はそこが好きです。

お互いの夫との付き合いより長いしね。




            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
    









    



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとホッとしてしまった

しばらくは安静と言う条件付で昨日退院しました。

2233


畑仕事も海水も当分は気をつけるようにとの主治医のお達し。

JUNも畑は「やっちゃダメ」って言う。


正直、ホッとしています。

スローライフとか言ってもやっぱり無理してしまったのかもしれない。


主治医の安静の言葉が効いたのか、とりあえず退院一日目

三食JUNが作ってくれているのでハッピーエブリディはいつまでつづくか・・


入院中は携帯からの投稿でした。

わが家でPCから投稿するより速かった。

ご心配、コメントありがとう。

リコメぼちぼちしていきますね。なにしろ安静ですから











| | コメント (1) | トラックバック (0)

下界は暑いですかぁ〜?

下界は暑いですかぁ〜?
変わらず痛々しい写真ですが、左腕は腫れも引き痛みもなくなりました。4日(木曜日)めでたく退院になりました。
それまでは点滴三昧で、困った事に右腕は針を毎日刺され、○○中患者みたいです。
今では患部だった方より痛々しく、アオタンだらけです。

退院が決まり嬉しいといえば嬉しいんだけど…
下界は暑いんでしょうねぇ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »