« 弘法さん | トップページ | 新・船乗り場 »

自然を受け入れる

          佐久島のやぎビリージェイムスに念願のマイハウスができた。

          しかも新築よ。それまでは、実は雨ざらしだったの

          2168

         この小屋は建築家グループ「みかんぐみ」が佐久島の弘法さんの祠を

         何ヶ所か新たに作った時に一緒に作ってもらった。2ヶ月位前のこと。

2169

          手前が新しく作った祠。

          マイハウスが出来てからビリージェイムスは雨のときはちゃんと

          小屋の中でじっとしてました。良かった良かった。

          ところが、この写真は一ヶ月位まえのもの、ここ一週間くらい

          ビリージェイムスは寝たきりになってしまい、起き上がることが

          できず、近くへ行くと、目だけ見上げてしきりに足を動かすけれど

          起き上がることはもう出来ません。

          だいぶ高齢だとは聞いていました。島へ来た時はもう子供でなかった

          そうで、それから10年はたっています。

          新しい小屋の下でビリージェイムスはじっと待っているの。

          病み上がりの私は見るのがつらく、耐えられません。

          佐久島に住んで1年。感じていることは、島の人達は自然や運命を

          淡々と受け入れている。

          ビリージェイムスもまさに天寿をまっとうしようとしていて、

          これは自然な事なんです。

          分かっているけど悲しい・・

          

          

|

« 弘法さん | トップページ | 新・船乗り場 »

佐久島の日々」カテゴリの記事

コメント

天寿をまっとうできることは嬉しい事かもしれませんが、実際は悲しいですよね。
私は家族(猫)が亡くなってから、ああしてあげればよかった・・・など色々後悔したことがあります。
なので悔いが残らないように最後まで接してあげてください。
ビリーが1日でも多く生きていられることを祈っています。

投稿: 佐島澪 | 2010年5月 6日 (木) 19時03分

ビリー調子悪いんだぁ。。。

ちょうど一月前ほどに行った時
咲きほこる花の中で暖かな光を浴びて
目を細めるビリーの姿に癒されたっけ。。。

「子供が世話しないから」なんてかこつけて
一日に何度もビリーのご飯を運ぶ島のおばちゃん。
そして、いつ島に渡る時もビリーにあう事を楽しみにしていた自分
・・・運命といいながらも悲しい。

今度の9日は一生懸命ビリーに会いに行こうと思います。

投稿: yamayu | 2010年5月 6日 (木) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然を受け入れる:

« 弘法さん | トップページ | 新・船乗り場 »