« 花ざかり | トップページ | 発しない言葉 »

里山ぐらし?

          歩けば東西南北、5分とかからず海に出るというのに
          なんだか山に暮らしているような気がするこのごろ。

          昨日まで5日間アサリ漁でちょっとお疲れ気味なのに
          朝ごはんが終わったらすぐにJUNは山に一人で行きました。
          タケノコを探しに。
          JUNが勝手に師と仰ぐ建ちゃんジイジ(ごめんなさい、年齢は
          ほとんど変わらないのに、黒い訪問者のりんちゃんママの
          お父さんなので。りんちゃんからはジイジ)の畑にタケノコの
          皮が捨ててあったからと。建ちゃんは島のことは海、山なんでも
          本当に知っています。

          まだ土から顔も出してないタケノコの場所。自然薯、タラの芽
          胡桃の木、フキetc、ホダ木をどこに置いたら椎茸がよく出るか

          はたまた、海辺を歩くだけでアサリが沢山いるところが分かる
          らしい。  と・・そんな彼にJUNは敬服しています。
          が・・二人が話しているところはチャランポランです。B型同士。

          JUNが探しにいったタケノコはどうだったかというと・・

2136

           かわいいのが4本。
           足で踏みながら探すそうですが、むずかしいと言ってました。
           先日、師は10何本か掘ってきたらしい。         
           おまけにJUNはシャベルでしこたま膝を打ったとかで今日
           ずっとイタイイタイと言ってました。まだまだ師には及ばない
           みたいです。

           JUNがタケノコを入れてきた網袋、これはアサリを入れる
           袋ですが、島の人達はこれに野菜を入れたりもします。

           漁、農が一体となった島暮らしです。


                    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

         

|

« 花ざかり | トップページ | 発しない言葉 »

佐久島の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山ぐらし?:

« 花ざかり | トップページ | 発しない言葉 »