« アサリ漁の正装 | トップページ | 女の子の日 »

集荷風景

2034

      各自、選別が終わり出荷用の10K袋に詰めたアサリを西地区は
      西港渡船場に集めます。東地区は入ケ浦に集めます。

    2036

      ハンパ分はその場で量ってもらい読み上げます。

 2035

      それを漁協の人が書き取っていきます。各自の控えも書いてもらいます。
      昔ながらのやり方です。流通の原点。

   2037

       これは三日目ですが少なかったようです。
       それに今回の潮目はまだ身が痩せていて相場がとても安かった。
       
       ちなみに見えている足はJUNです。島民は交代で集荷作業の
       手伝いをする。70代80代のおばあさんたちも10Kの袋を運びます。
       みんな元気。

       一次産業は肉体と引き換え。これが私の実感。


                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ


|

« アサリ漁の正装 | トップページ | 女の子の日 »

佐久島の海産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集荷風景:

« アサリ漁の正装 | トップページ | 女の子の日 »