« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の投稿

マキの木5本

庭にあったマキの木4本、夏みかん1本、西側にあったマキ1本。
長い間手入れされていなかったのでボウボウでした。

128

一度短くして形を整えながら改めて育てましょうと、昨日切りました。
ロープをかけ私が下から引っ張り、梯子に登り純が切っていくの
ですが、これが大変だった。梯子が安定していず、木が思っている
方向に倒れず、びっくりするほどの力がかかります。
途中2回ほどヒヤリとしました。ヒヤリの前に「きゃー」が先でした。

2時間くらいで終わるはずがほぼ1日かかりました。

518

切った木は薪にしたり、葉っぱは乾燥させて畑に入れます。
これも一仕事。 
形良く枝ぶりを育てていくのは後何年かかるかしら?
生きているかしら?10年くらいなら何とかなるか・・

夏みかんの木は実が成っている枝は残したけど、掃った枝にも
だいぶ成っていたのでレモンがわりに料理やお菓子作りに
使います。

530

作業途中の写真は撮れませんでした。
とてもそれどころじゃなくて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐久島歩け歩け海原三里

本日(27日)、一色町観光協会と佐久島観光協会共催の
「佐久島歩け歩け海原三里」です。
楽しみにしていたので歩きましたよ。
朝8時から西港で受付。今日だけで700~800人の来島者が
いるようなので船が着く前に受付をしました。今日は臨時便が
沢山出ます。

8時着の船からは予想通り沢山の人。

488

487_2

途中クイズをしたり、スタンプを押したり7,7Km(2時間半)の行程
です。
amiami農園から白浜へ出てすぐ山道になります。

493

それもうっそうとした山奥深い感じ。夏でも涼しい。
よく「佐久島のどこが一番気に入っているの?」と聞かれますが
この、家から5分で海、後ろを見れば5分で山、海も山も身近と
言うところが一番気に入ってる。
山道からは木漏れ日ならぬ木漏れ海が見えるのがGOOD!
498_2

495_2

しばらく海沿いを歩いてまた山道に入りひだまり広場へ。

503

504 展望台から吉良吉田方面。

510

最後の大島へ向かう橋からの海はきれい。

515

ゴール前の東地区の民宿の窓に見えました。
ハイハイ、私も佐久島が大好き!

約2時間半。ゴールでのアサリの味噌汁は美味でした。
午後は昼寝しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐久島弁天サロン

佐久島西港で下船し2分位港に沿って歩くと弁天サロンがあります。
ネーミングからカフェだと思っている方も多いようですが、一色町の
公共施設で佐久島資料館、ミーティングルーム(寄合いの間)etcが
あります。この冬、通いで家を作っている時、私は日に2~3回も
トイレを借りていました。その度に弁天サロンの管理人の相川さん
がお茶を入れてくださり、またまたトイレに通うこととなりました。

引っ越して来てからは、家から1分位なのに行くことが少なくなり
ました。
23日まで「ふるかはひでたか 佐久島物産展」を開催していたので
のぞいてみました。物産展と言ってもアーティストの作品展です。
佐久島の歴史的物語を一度解体しふるかは氏の観点で再構築
した作品でした。一つ一つは絵になっていたけど、全体としての
まとまりはどうだったかな?

480

458_2
海辺の陶片での佐久島。

463

管理人の相川さん。佐久島西地区在住で笑顔がやさしい。
訪れたひとにお茶をだしてくれます。

468   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅まきながら「初めまして」

わが家の愛人犬「野亜」です。
いつもいつもお父さんと一緒が大好き。

288

飼い主(私たち)の都合で訳も分からず佐久島に移住し
6ヶ月経ちやっと落ち着いてきました。
引越しの準備の時からケージに入れられ、異常を察知し
ほとんど飲まず食わず眠らず・・ 
見たことも無い景色に落ち着きをなくしていました。
最近になってやっとおばあちゃん達が押している三輪車や
海も怖がらなくなりました。

474

バナナケーキを作っているとじっと見ていました。

476

でも急に触られたり、興奮させられたりは大嫌い。
静かな佐久島が気に入ってます。

314

海の風のにおいが大好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいネ(芽)

amiami農園は秋冬野菜の準備を始めました。
農業(野菜づくり)は初めての経験。島のおじちゃん、おばちゃんが
色々教えてくれますがへぇ~と思うことばかりです。
キャベツや玉ねぎ、長ねぎなどは畑に種をじかに蒔かず、ポット
などで苗になるまで育て、畑に移植するなんて知らなかった。

444
キャベツの芽
445
玉ねぎの芽
446
白菜の芽 よくあるポットは佐久島では売っていないので
豆腐の容器を利用しました。
450
大根は直播きできます。

雨が降らないと土がカチカチになってしまいます。せっかく育った
苗も移植できません。毎日天気予報が気になります。

毎朝晩、芽を眺めては「かわいいね」と肥料アイを与えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの釣り

この所、純は小屋にかかりきりでずっと釣りに行ってませんでした。
まだ小屋は完成してませんが、ちょっと気晴らしがしたくなったの
でしょう、お昼の船で届くように餌を頼みました。

夕方4時くらいから西港のいつもの場所へ。
竿を投げるなり引きが!まあまあの大きさのコチが続けて2尾。
私は快調な出だし。こういう時は少しだけ純に気を使います
でも純もキスが釣れ始めてヤレヤレ。

最終の一色港行きの船が出てしばらくすると、本当にきれいな
空の色になってきます。私は釣りをやめて空を眺めています。

441

442

いつでも夫は暗くなっても粘ります。私はさっさと帰ります。
わが家まで歩いて5分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島内大移動

敬老会の集まりが開発センターでありました。
佐久島講座の書道の作品を展示し、お年寄りに見ていただき
ました。気になるのでのぞきに行きました。

皆さん、1時間も前から集まって待っています。
440
437_2

「敬老会は65歳から?」と聞いたら75歳からでした。65歳からじゃ
島のほとんどの人が集まる事になると言われてしまいました。
75歳以上は島民280人のうち95人いるそうです。
当日出席は70人。皆さんほとんど現役で元気、元気です。

書道の方は、入り口ロビーに展示されていたのですが
皆、おしゃべりに夢中であまり見ている人いなかったなぁ。
434

長田の父さんを見かけたので私の作品の前まで引っ張って
行き、パチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島民ふれあい運動会

日曜日に運動会がありました。
・島民ふれあい・とありますが、主催は佐久島小、中学校です。
たぶん想像ですが、小中合わせて25人(しおかぜ学級で本土から
通学している子もいるので佐久島の子は半分位かも)なので島民
で盛り上げて応援することになったんじゃないかな。

島民参加の種目が沢山あって楽しかったです。
もちろん私たちも何十年ぶりに走りました。

394

開会式。全校生徒25人。この子たちがキビキビしていて見ている
だけで気持ちイイ。感激ものです。

401

一種目出場して足がガクガクするからもう出ないと言いながら
また出ているこの人はだれ?

しかしながら全種目で1番よかったのは子供たち全員でやった

佐久島ソーラン
だった。

411
おごそかに出場を待つ大漁旗をまとった子供たち。

414

417

来年もまた見たい!

私もアベックリレーと綱引きに出ました。
あー楽しかった。
翌日、筋肉痛。来年は少し前からランニングしようとひそかに
思いました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの散歩道4

このコースはちょっと長めです。
白浜から波ヶ崎の灯台まで海沿いを歩きます。満潮時で波が
あるとかかってしまいます。


Img_0016

Img_0012

これからの季節は夕焼けがきれいになるでしょう。
大きな松が何本も海に突き出してます。

005_2

灯台が夜、光っているを私は見たことがありませんが現役です。


ここから大きく左に曲がってしばらく行くと西港渡船場です

全コース40分位。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

干・干・干

これはいったいヒッ・ヒッ・ヒッでしょうか?それともホッ・ホッ・ホッで
しょうか?いずれにしても私はこんな笑い方をしません。
今、私がしてるのは
「干す」です。
367
378

amiami農園のキムチ唐辛子は次々赤くなってます。
それを順次干しているのですが、外で日に当てたらいいのか
日陰がいいのか分からず、庭と勝手口に吊るしてます。
こんな時にも小屋があれば・・わが家の小屋はまだ使えません。

346

先週、長田かあさんと白浜に天草を獲りに行きました。例によって
私、見てる人状態でした。私たちはまだ漁業権がないので海に
入っては獲れません。海岸に打ち寄せられたごみ混じりの天草。
何度も洗っては干しを繰り返し1週間経つと白くなってきました。
私は天草は元々白いと思っていたのでびっくり。
363

そろそろ秋茄子が採れはじめ、あちこちからいただきます。
干し茄子を作ってみようと思ってます。
どのように調理したらいいのか、水の戻し時間は?
研究課題はいっぱい。冬に秋の味覚を楽しめるか・・?

387

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友来たる遠方より

~友来る40余年の彼方より~かな? これもちょっと違う。
実は昨年一度会っていて、その時が40余年ぶりだった。
須賀君は小学校の同級生。
友人のクルーザーで佐久島に行くからと連絡がありました。
考えてみれば20、30、40代と一度も会わなくても幼なじみって
ずっと仲良しなんだね。
369

須賀君のお土産。「島乙女」私に相応しいだろうと言うことで
いいですねぇ、お互いイメージの中では少年少女のままです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタリガニ

三河湾のワタリガニ漁が始まっています。先週はカニがどこかに
行ってしまってるのかいない(獲れない)と漁師さん達が言って
ましたがここに来て獲れ出したようです。
お隣の木下さんは漁師さんです。市場に出せない(軽い、でも充分
おいしい)カニをおすそ分けいただきました。
353

茹でるより蒸したほうがおいしい。

356

蒸しあがりました。この後が大変。食への執念。

358

身とミソを丁寧に取り出します。根気がいる仕事です。
誰がやるかって?、私はそのままかじっちゃえばと言う
人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家自慢番外編

佐久島に住んでみてから始めて分かることが色々あります。
来る前の頭の中だけでは気が付かない事。
その一つに小屋がありました。物置、納屋、小屋それぞれの定義は
判らないけど、小屋が必要不可欠。
作り始めました。2x4工法で。今度はお手伝いなしでやらなければ
なりません。
239_2
まず土台づくり。ブロックをセメントで固めた。
268
2x4工法でも佐久島仕様。パネルを組んでしまっては
路地を運べないし、重くて、か弱い夫では持ち上げられない
ので設計、躯体材調達をお願いしたKさんの苦心の作。
7月のごみ収集の台船に便乗して躯体材が着きました。
心配して長田かあさんが手伝いに来ました。
270
さらに心配して長田とうさんが様子を見に来ました。
いつでもとうさんは見る人。肝っ玉かあさんが畑も力仕事も
やってしまいます。
そして私、撮る人
275

パネルが張れました。8月の暑い盛りコツコツやってました。
306_2
外壁は杉板が残っていたので張りました。
わが家の天井とドアとおそろいです。
う~ん中々おしゃれ。通りがかりの人達にほめられて純は
うれしそう。
308
小屋というより別宅みたい。
島のおばあちゃんが「おじいちゃんと離れて1日泊まりたいねぇ」
などといってました。
まだ完成ではありません。
したがって、この項つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一枚の写真

ゴールデンウィーク明けの頃、30代の男性がカメラをぶら下げ
通りかかりました。佐久島が気に入っていて、時々写真を撮りに

来ているそうです。たまたまその時、重い杉の切り株のテーブルを
二人で運ぼうとしている時で手伝ってくれました。写真も撮って
くれました。でもその時は、「ありがとう」だけでした。

8月のお盆に私が夏バテで寝込んでいる時、その人があの時の
写真を持ってきてくれたのです。フレームにも入れて。
私は会えず、お礼も言えずじまい。名前もわからない。
時々、佐久島には来ているようだし、今度来た時寄ってくれると
いいけど。おいしいコーヒーを淹れますね。


ありがとうが言いたくて・・

339

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »