« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の投稿

佐久島の路地

佐久島1号線以外はほとんど路地と言っていいでしょう。
車が通れると言っても、佐久島には普通車はありません。
軽自動車か軽トラばかりです。それがギリギリ、すれ違いは出来
ません。車が入れない路地も沢山あります。
003 146   

















中でも西地区で一番好きな路地。

両側は空き家ばかり。一軒だけやすゑばあちゃんの家。
純もこの路地がいいと言ってます。
164
後姿で失礼。前向きよりはいいでしょう?
ここは車が入れません。
                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家自慢Part5

204

205_2
楓の無垢材です。家中の床、ぜーんぶこれです。家が出来る前
素材としてこれを見た時、傷付きやすいのでは、よごれやすいの
ではと心配してました。床はプロの野村さんが新城から来て
張ってくれました。仕上げにオイルを塗りました(これは私がやった)
心配無用でした。傷も付きにくく、よごれも水ぶきで 楓は硬い
木だそうです。なにより、スリッパなしではいられなかった私が
裸足でいることが多くなりました。自然な木が身体にいいと言うのは
身体自身が知っているのですね。人間ばかりではなく・・
230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火と夜光虫

昨夜、対岸の吉良吉田の花火を佐久島の北側、戸ケ崎の海岸まで
見に行きました。遠くの花火もなかなかいいものです。
あたりは真っ暗、波は無いけど少しうねって、海面がすぐ迫って
ました。最初、気が付かなかったけど、しばらくして花火の合間に
海面を見ると、キラキラ光ってます。佐久島は夜光虫が見られる
とは聞いてましたが・・そもそも夜光虫が光っているのを見るのは
初めてです。 花火より夜光虫に見とれてました。
写真はうまく撮れなかったけど・・

223

221_2


219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

amiami農園ウラ話

  先日のブログを見て下さった浜松のアツミさんから「amiami農園の
スイカはさぞ美味しかったことでしょう」とお便りをいただきました。

なにを隠そう、正直に報告します。あの写真のスイカは、待ち切れず
翌日収穫し、ワクワクしながら包丁を入れたら ピンク色でした。
もちろんそれでも食べましたよ。"なかなか上品な色と甘さだ"とか
二人で負け惜しみを言いながら。二つ目はじっと我慢し、昨日やっと
収穫。今度こそやったぁ~ 真っ赤でした。採りごろがまだよく分かり
ません。二人ともせっかちで待ちきれないし・・
206
実はカボチャも1つ目はクリーム色で水っぽかった。2,3個目は
知り合いに送って上げたけど、どうだったのかしら? 4つ目は
こんな感じ 
全部でスイカ苗1本で4個、カボチャ苗2本で7個の収穫でした。
201_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつもの散歩道2

わが家のノアはちょっと神経質な柴犬(2歳)です。3月末の引越し
からずっと、環境が変わったせいで落ち着きがありませんでした。
三ヶ月位はかかるよ、と言われた通り、やっと最近落ち着いてきま
した。
おひるねハウスがある石垣(しがけ)海岸まで家から7分位。
リードを外し、あたりを全力疾走します。本当にいきいきとして・・
以前は街中のマンション暮らしでした。自然の中だと表情も
変わります
153
途中の箒草。
156
佐久島でも放すのはここだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと淋しい時

佐久島が好きです。暮らしてみて毎日楽しい(忙しい)です。

連休に息子が、わたしの大好きなチーズとチョコレートとデジカメを
純には甕入りの重い焼酎を持って来ました。
東京から5時間半かけて。
彼も佐久島を、不思議な島として気に入ったようです。

息子だからと言うのでなく、だれが来ても帰る時、西港渡船場で
船を見送る時、ちょっと淋しい気持ちになります。遠ざかって
行く船を防波堤からずっと見ています。なんか本当に遠いんだなぁ
と感じます。まぁこんな気持ちも結構好きですが・・・
186 185 189

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いつもの散歩道1

朝晩散歩に行きます。もちろんノア()のためですが、私たちに
とっても楽しみです。浜松だとコースは限られていたけど、佐久島
は沢山のコースが出来つつあります。
これは比較的短いコース。amiami農園から白浜に出て海岸線を
歩き、途中から畑をぬけて20分くらい。他の人の畑を見て勉強に
なります。 
Img_0005 Img_0009 Img_0016 連休で息子が東京から来ていたので
カメラマンになってくれて二人と一匹仲良くおさまってます。新しいデジカメもプレゼントしてくれました
今までのは調子が悪く、グッドシャッターチャンスの時、画面がゆがんで

夕陽がきれいコース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天王さんのお祭り

佐久島の西地区に小さな津島神社があります。島民の人達は
津島神社のお祭りを「天王さんのお祭り」と呼んでいます。
今年は40年ぶりに佐久島太鼓が奉納されました。佐久島小、中
学生たちも太鼓を叩き、大人顔負けの力強いバチさばき。
御参りをすると、一口大のお赤飯をもらいました。どういう意味が
あるのかは?          
最近メディアに取り上げられることが多く、日TV,中日新聞etcなど
が取材に来てました。島民の生活に溶け込んだ素朴なお祭り。

141 138 136 143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家自慢Part4

以前住んでいた浜松のマンションに42cm角の杉のBOX が10個も
ありました。重ねて飾り棚やベッドサイドテーブルとして使ってました
が、佐久島の家ではそれが洗面台として生まれ変わりました。
前から規格の洗面台はプラで味気ないと思っていたし、高さも何故
低いのかと疑問でした。杉にオイルを塗り、水にも強くしました。
オンリーワンの洗面台です。005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の光り

2,3日前からセミが鳴き始めました。木々の緑は暑さに光ってます。
佐久島はもうすっかり夏!の感じです。梅雨明けも、もうすぐでしょう。

観光用としての佐久島いちおしスポット「おひるねハウス」から
ひと足早い暑中お見舞い。125_2
124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

amiami農園の今

115_2 116_2                         「わたしを早く奪って」という風情のすいかときな瓜です。
黄色い瓜をきな瓜と呼ぶのは三河地方だけですか?
ちなみに私は東京生まれで、ずっとまくわ瓜と言ってました。

純は毎日スイカをポンポンたたいて、食べごろだと言ってます。
もうあと少し。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わが家自慢Part3

玄関入ったら、家中丸見え状態でした。
やっぱり目隠しは必要だねぇーと話してました。
何に使うとも決めてない材木がたくさん庭に積んであります。
み~んな純の知り合いの材木関係者が提供してくれたもの。
彼は、今まで仕事でいい人間関係を築いていたんだな、とつくづく
思います。で、3mのトチの木。これは名古屋のWさんの倉庫に
あったもの。
097 113 みがくのが大変だったみたい。グラインダーの刃が磨耗したらしい。ともかく重かった。二人で立てました。私も協力しているのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たとえば今日は・・

友人、知人から「のんびり暮らしているんでしょ」と言われます。
「いえいえ、毎日が忙しくて」 「どうして?なにが?」と不思議
がられます。無理もありません。家を建てている最中、まだ
島に通っていた頃、島のおばあちゃんに「アンタ、島へ来たら
のんびり暮らそうと思っているかもしれないけど、大変だよ~」
と言われ、「なんで?」と思いましたもの。
ここでは(佐久島)基本的になんでも自分でやらなければなり
ません。ゴミは焼却炉で燃やし、生ゴミは堆肥を作るために
埋めて。野菜も旬の時は沢山取れるので、保存しておかなけ
ればなりません。きゅうりのビール漬けなんて島に来て始めて
知りました。という事で、たえずなにかしらしている事になります。
おまけにわが家では、家がだいぶ出来てきたので今度は庭作り
を始めなければ。
ジャガイモの保存として、今日はコロッケをつくり、冷凍しておき
ました。ちなみにマッシュポテトにして冷凍するとあまりおいしく
ありません。コロッケはです。
117 088 093

      

今日正午

の崇運寺の鐘は鳴りました。
18回だった。108回と関係があるのかしら?
                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩鐘

1192年に建立されたと言われている崇運寺。
徳川家康が泊まったことがあると言われています。
西港のすぐ横上にあり、趣があり好きです。なによりいいのは
日没時に鐘がなることです。最近はなぜか正午にもなるので
今日、写真を撮ろうと行ったけど、住職はお出ましになりません
でした。そんなアバウトな所も人間くさくていいなぁ。ちなみに
今日は日没時にもならなかった。何回なるか数えようと
思っていたのに。

107 108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐久島渡船

フェリーではありません。あくまで渡船です。
”はまかぜ”と”さちかぜ”と2船あり、”さちかぜ”のほうが小さい
けど、荷物の積み下ろしが楽です。1月~3月の午後は風が強く
ジェットコースター並みに揺れます こわい。
今日は本土へ食料と、
そろそろ納屋を造る下準備のためブロック
を買いに行きました。ブロックは2個につき90円の船賃だった。
帰りの渡船がそろそろ西港へ着くころ、波ヶ崎の灯台が見え
「あー帰ってきたな」と思います。1年前まで船で買い物に行くなんて
思いもしなかったのに・・でもいいものですよ、船で帰ってくるのも。

021_3 012 はまかぜ

                                 

                                   

                               波ヶ崎灯台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家自慢Part2

それは、なんと言ってもお風呂が本人(純)は一番、気に入って
いると思います。壁にヒバを張りました。(ヒバの木を苦労して
探してくれた青木さん、ありがとう)
100

本当にいい香り。毎日、温泉気分。

よ~く見るとクギが波を打っていて・・
それはそれで、以前住んでいた浜松
のアクトオークラホテルのEVの扉の
彫刻?エッチング?みたいで・・・
ハーモニィが聞こえてきそう
味があります101 104              
                                                               

梅雨の合間に大工仕事。食品庫の仕切りの壁をカットしている。                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »